ニュース
» 2020年11月19日 07時00分 公開

ビルメンヒューマンフェア&クリーンEXPO2020:スマホでゴミ量が分かるスマートIoTゴミ箱、カイスイマレン

カイスイマレンは、スマートフォンやPC、タブレットで専用クラウドにアクセスして、ゴミの堆積状態を調べられるスマートIoTゴミ箱「SCA120」を開発した。

[遠藤和宏,BUILT]

 プラスチック製品メーカーのカイスイマレンは、清掃と衛生に関する資機材展「ビルメンヒューマンフェア&クリーンEXPO 2020」(会期:2020年11月11〜13日、東京ビッグサイト)で、商業施設やオフィスなど向けのスマートIoTゴミ箱「SCA120」を展示した。

ゴミを回収した時間のデータベース化が可能

 SCA120は、内部に取り付けられたセンサーがゴミの量を検知するIoT機能を搭載したダストボックス。ゴミの量に関するデータはクラウド「Kaisuimaren Information Management System(KIMS)」に送られ、清掃員や施設管理者は、スマートフォンやPC、タブレットでKIMSにアクセスして、離れた場所にいてもリアルタイムにゴミ箱の状態が分かる。

施設内に配置された「SCA120」のゴミ堆積状態が確認可能なマップ
「SCA120」の管理画面

 カイスイマレンの担当者は、「SCA120がゴミで満たされた際、清掃員のスマートフォンにダウンロードしたトークアプリ“LINE WORKS”で通知するようにKIMSを設定できる。また、ゴミの量を検知する機能を生かして、ゴミ箱の利用が多いエリアの見える化やゴミを回収した時間のデータベース化が行えるため、クリーニングスタッフの巡回ルートを最適化するのに役立つ」と説明した。

SCA120がゴミで満たされた際のLINE通知イメージ

 本体に搭載されたLED識別照明は、ゴミの堆積容量に応じて、照明の色が変わるため、清掃員は、KIMSで取得した情報だけでなく、LED識別照明の状態を参考することもできる。

 SCA120の筐体には、錆(さ)びずに美しさを保てるステンレス素材を採用し、ステンレスの清潔性と光沢感が、オフィスや大型商業施設などでモダンな空間を演出する。

スマートIoTごみ箱「SCA120」

 SCA120の重さは約26キロで、サイズは420(幅)×420(奥行き)×1180(高さ)ミリ。容量は70リットルで、中容器はナイロン引っ掛け方式のカゴ。発売は2021年初旬の予定で、価格は今のところ未定となっており、KIMSのシステム利用料は月額制となる見込み。

 今後の展開について、前述の担当者は「精密機械のため、現状では屋内にしか置けない。しかし、将来は防雪や防水の対策を施し、遊園地などの屋外施設にも設置できるようなIoTゴミ箱にすることを検討している」と語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.