ニュース
» 2020年07月28日 08時30分 公開

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:インフォマティクスがメンテ展OSAKAで、ARやMRの現場支援システムを展示

インフォマティクスは、「メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020」(2020年7月29〜31日)で、パノラマ画像と点群データを同時に取得できるシステムや現場の状況を共有可能なスマートフォンアプリなどを訴求する。

[BUILT]

 インフォマティクスは2020年7月17日、メンテナンスと国土強靭化(ナショナル・レジリエンス)をテーマに掲げる総合展示会「メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020」(2020年7月29〜31日、インテックス大阪)内の「インフラ検査・維持管理展2020」での出展内容を公表した。

 出展製品は、パノラマ画像と点群データを取得できるシステム「Glove(GC 4K Panorama+LiDAR View)」や建設向けMR(Mixed Reality)ソフト「GyroEye Holo」、現場の状況を共有可能なスマートフォンアプリ「GC Photo」、作業ガイドAR(拡張現実)システム「現場支援タブレット」で構成する。

左からGyroEye Holo、Glove、GC Photoのイメージ 出典:インフォマティクス

 Gloveは、車両に取り付けたパノラマカメラで、全方位画像が得られ、同時にLiDAR装置で点群データを収集する。また、獲得した画像や情報は、システム画面に表示した地図上に映せる。

 GyroEye Holoは、Microsoft製ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」と連携し、建築や土木現場で設計図面をホログラムとして1分の1スケールで画面上に投影し、さまざまな検証を視覚的に支援する。

 GC Photoは、工事に関する写真や動画、位置情報、メモの管理が行え、異常時の対応などで役立つ。現場支援タブレットは経験の浅い従業員でも適切に作業が進められるようにサポートする。

総力特集:

「メンテナンス・レジリエンスOSAKA 2020」

 メンテナンスと国土強靭化(ナショナル・レジリエンス)に焦点を絞った建設総合展「メンテナンス・レジリエンスOSAKA 2020」が2020年7月29日、インテックス大阪で開幕する。

 コロナ禍の中で、ひさびさとなる建設展の開催となった本展では、インフラ検査・維持管理をはじめ、建設資材、防災・減災、i-Construction、労働安全衛生など、最先端の資機材やサービスが一堂に会する。特集ページでは、会場でのブース取材やセミナーレポートで、インフラの最新テクノロジーや市場動向を紹介する。

 特集ページ「メンテナンス・レジリエンスOSAKA 2020」へ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.