ニュース
» 2020年06月10日 09時00分 公開

耐震・制震・免震:三井住友建設が多層階での揺れを一括して制御する新システムを開発

三井住友建設はこのほど、地震後にも継続的に使える構造物の実現を目指し、建物に対する地震の影響を最小化する「揺動制震システム」を開発した。

[BUILT]

 三井住友建設は、広島大学大学院 工学研究科 建築学専攻 田川浩教授と共同で、地震発生時に、多層階での揺れを一括して制御する「揺動制震システム」の実用化にめどを付けた。

「揺動制震システム」の動きのイメージ(左)と加振実験の様子(右) 出典:三井住友建設

 新システムは、制振ダンパーを独自の配置方法で建物に組み込み、振動に対して減衰性能を効果的に発揮し、建物の多層階に渡って架設するタイロッド部や地震時の揺れを吸収する制振ダンパー部、制振ダンパーを安定して動作させる揺動機構部で構成されている。従来の制振構造と比べ、座屈拘束部材を用いていないため、設置カ所を減らせ、制振性能を向上させられる。

 制振ダンパーは、揺動機構部で復元力を確保している上、大きな変形にも耐えられるため、最大限に機能する。タイロッド部は、建物内にある複数の階層に掛け渡すことで、各層の変形を1箇所に集中させ、制振ダンパーを有効活用している。また、揺動機構部とタイロッド部の運動を使い、細いタイロッド部材で多層階への架設も容易だ。さらに、各種制振ダンパーとの組み合わせも簡単で、目的に応じた制振ダンパーを選べる。

 既に、三井住友建設の技術研究所(千葉県流山市)で実大規模の加振実験を行った際に、優れた制振性能を確認している。

 今後、同社では、倉庫や工場、生産施設などのさまざまな構造物に対し、新築や改築時に新システムを積極的に提案して、大地震時に構造物の破壊や倒壊を防ぐだけでなく、構造物内の資産を守り、地震後にも継続的に使える構造物の実現に取り組んでいく。

従来の制振構造(左)と「揺動制震システム」(右)の比較 出典:三井住友建設

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.