ニュース
» 2020年04月24日 07時00分 公開

「ARES Standard」と「ARES Commander」の新バージョンはBIM連携を強化Graebert Japan Annual Meeting 2020

Graebertは、低価格ながら業界標準の2DCADと同様に使えるDWG互換CADクラウドサービス「ARESシリーズ(旧:JDraf)」のうち、「ARES Standard」と「ARES Commander」をバージョンアップした。新バージョンは、BIMモデルから属性情報を抜き出せるなど、BIM連携を強化している。

[遠藤和宏,BUILT]

 ドイツに本社を構えるGraebertは2020年3月5日、東京都千代田区の富士ソフトアキバプラザで、プライベートイベント「Graebert Japan Annual Meeting 2020」を開催し、同社が開発・販売するDWG互換CADクラウドサービス「ARESシリーズ(旧:JDraf)」の新製品を発表した。

 ARESシリーズは、PCでDWG互換CADの作成と編集が可能な「ARES Standard」やARES Standardの全機能を網羅し、3Dモデルも作れる「ARES Commander」、タブレットとスマホ上でDWG互換CADに、施工現場から写真の添付やコメント、マークアップなどが行える「ARES Touch」、使用デバイスを問わずにクラウド上で、DWG互換CADの作成や編集に取り組める「ARES Kudo」で構成されている。会場では、Graebert Japan 代表顧問 江端陽二氏が、ARES StandardとARESCommanderのバージョンアップで加わった新機能を紹介した。

BIM連携を強化

Graebert Japan 代表顧問 江端陽二氏

 両製品の新バージョンはBIM連携を強化しているのが特徴で、IFCやRevitファイルのインポートに応じており、BIMモデルのビューイングや属性情報の取り込みが可能で、2DCADの作成に生かせる。ビュワー上では、フィルター機能で、3Dモデルの可視化したい部分だけを表示することも容易だ。江端氏は、「例えば、表示する部分を壁だけにし、面積を出力したり、壁の量を確かめられたりする。データ書き出し機能を併用すれば、BIMの属性情報をExcel形式などでアウトプットでき、書き出す前に、プレビューも行える」と説明した。

 ARES Commanderの新バージョンは、別売り6万円(税別)の新プラグイン「UNDET Point Cloud Plugin for ARES Commander」を組み込むことで、点群データが読み込める。点群データを加工し、3Dメッシュも作れ、ユーザーが任意のエリアを切り取り、断面図も作り上げられる。

 さらに、サブスクリプション契約有効期間であれば、esriが提供するWebマップを読み込めるプラグイン「Maps for ARES Commander」が実装される。Maps for ARES Commanderは、図面をWebマップに重ねられるため、効率的な現場照査を後押しする。

 この他、Autodesk製CADソフト「AutoCAD」用プロッタ環境設定ファイル(PC3 ファイル)をARES用に変換することやダイナミックブロックをカスタムブロックに変えられるなど、機能が拡張された。なお、両製品の新バージョンは2020年4月1日、国内で販売をスタートした。ARES Standardの新バージョンの価格は、1年間のサブスクリプション契約で4万8000円(税別)。

IFCやRevitファイルのインポートが可能
UNDET Point Cloud Plugin for ARES Commander
Maps for ARES Commander
ARESシリーズの永久ライセンスなどの価格(いずれも税別)
ARESシリーズの期間ライセンスなどの価格(いずれも税別)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.