ニュース
» 2020年04月16日 10時00分 公開

耐震:集成材・CLTと鋼板を組み合わせた意匠性に優れる耐震構法、米原市庁舎に適用

大成建設は、集成材やCLTなどの木質系材料と鋼板を組み合わせた新たな耐震構法「T-WOOD BRACE」を開発した。

[BUILT]

 大成建設は、ひき板を繊維方向が平行となるように積層接着した「集成材」や「CLT(Cross Laminated Timber:直交集成板)」などの木質系材料と鋼板を組み合わせ、意匠性と構造性能を兼ね備えた耐震構法「T-WOOD BRACE」を開発し、2020年4月3日に実物件へ適用したことを明らかにした。

自由度の高い意匠を可能にする耐震構法

大成建設 技術センター本館改修工事への適用事例 出典:大成建設

 耐震建物は従来、鉄骨ブレースや鉄筋コンクリート壁を設置して耐震性能を確保していたが、これらの耐震部材はデザイン性に乏しく、見た目が画一的な印象になりがちだった。また、既存建物に耐震部材を新たに設置する補強工事でも、建物の意匠性が損なわれることがあった。

 そこで大成建設は、鋼板を斜め格子状に組んだブレースの枠内に、集成材やCLTなどの木質材を配置して意匠性を向上させた新耐震構法T-WOOD BRACEを実用化させた。構造実験や解析を通じて、構造性能を検証の上、日本建築センターの構造評定を取得し、米原市統合庁舎の新築工事と、大成建設 技術センター本館の改修工事に導入した。

T-WOOD BRACEの意匠例 出典:大成建設

 T-WOOD BRACEの特長は、鋼板による斜め格子の角度や間隔と、木質材の形状や配置と組み合わせられ、デザインの自由度が高い。構造面でも、配置された集成材やCLTが鋼板ブレースの圧縮強度を高める座屈補剛材の役割を果たし、従来の耐震部材と同等の構造性能を確保しているという。

 RC造やS造の新築や改修工事などにも適用可能なため、国が推進する国産材の利用を後押しすることが期待されている。

T-WOOD BRACEを導入した米原市統合庁舎新築工事・竣工イメージ 出典:大成建設

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.