ニュース
» 2020年04月13日 07時00分 公開

竹中工務店がシンガポールの「チャンギ国際空港第2ターミナル拡張工事」を受注プロジェクト

竹中工務店は、シンガポールのチャンギ国際空港第2ターミナルで、2006年の大規模改修工事に続く、大型拡張工事を受注した。

[BUILT]

 竹中工務店は2020年1月、シンガポールのチャンギ国際空港第2ターミナル拡張工事を受注したことを明かした。

 チャンギ国際空港第2ターミナル拡張工事は、建築主がCHANGI AIRPORT GROUPで、内装設計コンサルタントをJHBoiffilsが担当し、計画と構造設計をRSP Architects Planners & Engineersが担い、設備設計をJ Roger Prestonが受け持つ。工期は2019年11月〜2024年を予定している。

拡張工事後のチャンギ国際空港第2ターミナルにおける出発ロビーのイメージ 出典:竹中工務店
チャンギ国際空港第2ターミナルのダイニングガーデン(左)と手荷物受取場(右)のイメージ 出典:竹中工務店

 工事内容は、空港の利用可能人数を増やすために、出発と到着ロビーの配置替えや手荷物受取場、トランジットホールの改修に加えて、自動チェックインと手荷物預入機の配置を刷新する。また、手荷物2300個を収容する「全自動EBS(Early Baggage Storage、早期預け荷物保管)システム」の導入などを行う。

 工事中も空港は稼働し続けるため、建築主をはじめとする関係者と連携を近密にとり、利用者への影響を最小限に抑えつつ、大規模な更新工事を進める。

 竹中工務店はこれまで、チャンギ国際空港の開港時に、第1ターミナルの新築施工に携わってきた他、同空港の増改修などで、多くの実績を積み重ねてきており、今回の工事を受注する要因となったと考えている。

竹中工務店のチャンギ国際空港における施工実績 出典:竹中工務店

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.