連載
» 2020年03月23日 10時00分 公開

BIMで建設業界に革命を!〜10兆円企業を目指す大和ハウス工業のメソッドに学ぶ(1):【新連載】日本のBIM先駆者が警鐘を鳴らす「なぜ日本のBIMはダメなのか?」 (2/3)

[伊藤久晴(大和ハウス工業 技術本部 BIM推進部 次長),BUILT]

着工後でも設計が終わっていない!

 時間集計によって書いたのが下記のグラフである。この物件では、残念なことに、着工後にも設計作業が追い付いていないという状況だった。設計作業が完全に終わらないままに、着工するとどのような影響が後工程に起きるだろうか?

設計作業人工数による「マクレミー曲線」

 この「マクレミー曲線」に、鉄骨の情報加工に関わった人工数を重ねてみたのが次の図である。すると、建方が終わっても、鉄骨の情報加工の作業が終わっていないことが分かった。これは現寸検査での未決事項が解決しないままに、建方をせざるを得なかった箇所があったからである。

鉄骨情報加工の人工(赤線)を加えた「マクレミー曲線」

 すると、建方が終わっても、鉄骨の修正や鉄骨部材の取り付けのために、現場溶接工が竣工間際まで必要になった。つまり、設計作業の遅れが、後工程や工事費にまで影響を及ぼしている。設計作業が予定通りに進まない原因は、設計担当者だけの問題ではない。ただ、未決事項が後々まで残っていればいるほど、コストや工期に影響を与えるということは明らかである。

鉄骨建方業者の人工数(青線)を加えたマクレミー曲線

 このような物件は特異なもののように思えるが、実際は工期も工事予算もほぼ予定通りに納まっている。なぜだろうか?つまり、設計作業が遅れても、現場で何とかするというパターンで、結果良ければ全て良しという現場頼みのフローが常態化している。

 もし、設計作業が前倒しに行われていたなら、現場でこんなに苦労することはなかっただろう。しかし、設計作業というのは、性能や法規を満たすことができていれば、仕様が決まってなくても、納まってなくても、現場がなんとかしてくれるというのが、日本の伝統的な建設工事の実情だったりする。

 海外のBIMの資料を見ると、BIMによる生産性向上の効果として、工事費の削減や工期の短縮などが報告されている。このような効果は、着工後の変更にも対応するコストや工期の余裕を削ることで生まれているのではないかと推察する。

 急な設計変更が発生した場合は、RevitなどのBIMソフトでは、モデルを修正した後で図面を修正する2度手間が生まれるので、その場で線と文字を修正する2次元CADの方が手っ取り早い。つまり、フロントローディングによって、設計作業を前倒しにすることによって、BIMは効果を発揮するが、後工程で変更を繰り返す際は、BIMモデルの修正が追い付かず、2次元CADで処理しないと間に合わないという本末転倒な事態が発生する。

統合BIMモデル(意匠・構造・設備モデルの統合化)

 当社でも施工図を「Revit」で書いていても、変更などに追い付かず、最後は2次元CADで無理やり対応するというケースが多かった。Revitで施工図を描く技術は、既に確立されている。しかし、フロントローディングを可能にする業務ワークフロー自体が変わらなければ、大きな成果にはつながらない。

Pick Up記事:

「アナログな業界で“不動産テック”を巻き起こす」、オープンハウスがAI/RPAで2.5万時間を削減

 オープンハウスは、他社に先駆け、不動産業務にAIやRPA(Robotics Process Automation)を採り入れ、年間2万5700時間の工数削減に成功している。

 オープンハウス 情報システム部 課長 中川帝人氏(シニアデータサイエンティスト)へのインタビューでは、オープンハウス飛躍のヒミツやなぜ住宅メーカーがAI/RPAを活用するのかを探った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.