ニュース
» 2019年12月27日 07時00分 公開

ZEB:人材育成センターの改修工事で、関電工がZEB Orientedを取得

関電工は拠点の省エネルギー化を進めている。茨城県牛久市の人材育成センターにおけるリニューアル工事では、既存設備の高断熱化や高効率の空調システムなどの導入により、省エネルギー化を実現し、ZEB Orientedを取得した。

[BUILT]

 関電工は2019年12月18日、茨城県牛久市の人材育成センターにおけるリニューアル工事で、「ZEB Oriented」の評価基準を達成したことを発表した。

高効率空調システムなどを導入

 人材育成センターは、さまざまな研修を実施する教室や実習施設、宿泊棟の他、架空配電線訓練用の電柱を装備した屋外実習場などを備えており、専門技術を磨くための研修施設として機能している。

リニューアル工事を行った人材育成センター 出典:関電工

 近年、SDGs(持続可能な開発目標)やESG投資などが社会的に注目され、エネルギー消費量の削減が求められている。今回認証を取得したZEB Orientedはこういった状況を踏まえて、年間消費エネルギー量が大幅に削減された建築物であることを示すZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)のさらなる普及のため、2019年度に定義が拡充され、制定されたもの。

 延べ床面積が1万平方メートル以上で、用途ごとに定められた省エネ率の達成と、未評価技術の導入が認証取得の条件になっている。人材育成センターは、既存設備のリニューアル工事において、高断熱化によるパッシブ技術と、高効率空調システム採用によるアクティブ技術を組み合わせ、省エネルギー化を図っている。

 エネルギー消費量を教室で40%、宿泊室で30%削減したことにより、ZEB Orientedの評価基準を達成した。関電工は今後も顧客のニーズを取り込むとともに、建築設備の省エネルギー化の推進に貢献していく。

ZEB Orientedの認定証 出典:関電工

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.