ニュース
» 2019年12月10日 07時00分 公開

社会インフラテック2019:ひびみっけに新機能、はく離や鉄筋露出、漏水などの自動検出も可能に

富士フイルムは、社会インフラ画像診断サービス「ひびみっけ」に新機能として、はく離や鉄筋露出、漏水などの損傷を自動検出する「多項目検出機能」を搭載する。

[遠藤和宏,BUILT]

 富士フイルムは、インフラ維持管理・老朽化対策総合展「社会インフラテック2019」(会期:2019年12月4〜6日、東京ビッグサイト)に出展し、社会インフラ画像診断サービス「ひびみっけ」の新機能「多項目検出機能」を披露した。

はく離や鉄筋露出などのDFXデータ出力にも対応

 ひびみっけは、橋梁(きょうりょう)の床版や橋脚などのひびわれを検出するサービスで、2018年1月にリリースされた。ひびみっけは、サービスに登録することで、対象物のひび割れを抽出するクラウドが使えるサービス。

ひびみっけのチョーク検出(上)とひび割れ検出(下)の概要

 ワークフローは、対象物をユーザーが撮影し、その画像を専用のクラウドにアップロードすることで、ひび割れの抽出やひび幅別の分類、変状展開図の作成、チョーク検出などが行える。処理が完了した画像は、プレビュー画面で確かめられ、積算データやDXFデータ、対象物の部分ごとの写真をつなげた合成画像として出力できる。

 利用料金は、写真1枚あたり、チョーク検出で最大800円〜、ひび割れ検出が400円〜(いずれも税別)で、現在、全国600社以上の企業でサービス登録されている。

はく離・鉄筋露出(左)や漏水・遊離石灰(右)などをAIで自動検出する多項目検出機能

 多項目検出機能は2020年3月に実装予定の機能で、画像からひび割れ以外のはく離や鉄筋露出、漏水、遊離石灰、サビ汁などの損傷をAIで自動抽出する。富士フイルムの担当者は「はく離や鉄筋露出、漏水、遊離石灰、サビ汁などの損傷もDFXデータでの出力に応じる予定だ」とコメントしている。

 この他、会場では、将来的に追加される機能として、ピンボケしている画像を明示する画像チェック機能や撮影した複数の写真から3Dモデルを生成する機能、ユーザーの対象物の撮影を支援する治具提供サービスなどが紹介された。

将来的に追加予定の機能(上から、ピンボケ画像を明示する画像チェック機能、複数の写真群から3Dモデルを生成する機能、撮影をサポートする治具提供サービス)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.