ニュース
» 2019年10月24日 08時00分 公開

導入事例:六本木ヒルズ森タワーで再生可能エネルギー電気の供給開始

森ビルは六本木ヒルズ森タワーのオフィス入居テナントに対して、非化石価値取引市場の活用により再生可能エネルギー電気の供給を開始した。オフィス賃貸事業者による入居テナントへの再生可能エネルギー電気の供給は、国内初の取り組みだという。

[BUILT]

 森ビルは2019年9月、六本木ヒルズ森タワーのオフィス入居テナントに対して、非化石価値取引市場の活用により再生可能エネルギー電気の供給を開始したと発表した。オフィス賃貸事業者による入居テナントへの再生可能エネルギー電気の供給は国内初の取り組みだという。

photo 六本木ヒルズ全景 出典:森ビル

 六本木ヒルズに入居しているゴールドマン・サックス社は、2020年までにグローバルで使用される電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目標として掲げており、今回の供給先の1社目となった。2019年8月より供給を開始している。また、六本木ヒルズ内の森ビルオフィスにおいても利用を開始している。

photo 100%再生可能エネルギー提供までの流れ 出典:森ビル

 六本木ヒルズ森タワー地下の独自エネルギープラントと、これを運営する小売電気事業者である六本木エネルギーサービスを、六本木ヒルズが有することで供給が可能となっている。

photo 六本木ヒルズのコージェネレーションシステムと地域冷暖房システム 出典:森ビル

 入居するオフィステナントからの要望に応じて、六本木エネルギーサービスが非化石価値取引市場より非化石証書を調達し、森ビルを介してテナントに証書を提供する仕組みだ。

 非化石価値取引市場とは、非化石エネルギー源で発電した電気が持つ非化石価値を取り出し、非化石証書として売買する市場。今後、虎ノ門ヒルズエリアでも同様の取り組みを進める予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.