ニュース
» 2019年07月10日 09時00分 公開

ドローン:會澤高圧コンクリート、米ベンチャー開発のドローンをインフラ点検に活用

會澤高圧コンクリートが、米航空宇宙ベンチャーのトップフライトテクノロジーズと戦略的な提携を発表。高性能産業用ドローンを導入し、インフラの点検や農地管理などに活用する。

[BUILT]

 會澤高圧コンクリートは2019年6月25日、米航空宇宙ベンチャーのトップフライトテクノロジーズと戦略的な提携を発表した。高性能産業用ドローンを導入し、インフラの点検や農地管理などに活用する。

photo 導入機体CG 出典:會澤高圧コンクリート

 會澤高圧コンクリートはバクテリアの代謝機能でコンクリートのひび割れを自然に修復する「自己治癒マテリアル」の実用化を進めている。自己治癒性能を持つ液体タイプの補修材を、遠隔地にドローンで自動的に塗布する目視外ロボット施工法の早期確立を目指しており、最大積載量が最低でも10キログラム以上、航続時間が1時間を超える産業用機体を模索していた。

 トップフライトテクノロジーズは混合ガソリンを燃料とするエンジンで発電しながら軽量バッテリーに蓄電して電力を供給する、ハイブリッド電力システムを搭載した独自機体の設計が特徴だ。飛行時間が15分と短い現行のドローンに比べ、TFTは1回の給油で長時間の飛行が可能であり、運行管理の手間を大幅に削減できる。さらに安定飛行の妨げとなるエンジンからの振動を抑制する機能などを備えており、悪天候でも安定した飛行が可能だ。

photo 導入機体ハイブリッド電力システム 出典:會澤高圧コンクリート
photo 飛行イメージ 旧モデル機体 出典:會澤高圧コンクリート

 両社は第一弾として、燃料やセンサー類を除き、最大10キログラムの積荷を抱えて最長1時間の継続運航できる新型機2モデルを2019年夏をめどに開発する。機体には高性能ライダー、高解像度(4K)電子光学カメラ、サーマルイメージングカメラ、コンピュータユニットなどを搭載予定だ。

 これにより、地上のデータをドローンから収集・統合・蓄積・更新して顧客に付加価値の高い情報を提供し続ける「地理情報システム」(GIS)サービスを展開できる。コンクリート系インフラの点検はもちろん、大規模農地の育成状況をモニタリングしながら農薬を散布したり、長大な送電線網を目視外で自動監視するなど、さまざまな用途に活用できる。

 両社は、機体の販売も同時に進めながら国内の顧客基盤をつくり、2020年までに新会社などビジネスユニットの在り方について最終決定を行う。この間、他のテクノロジーベンチャーとの提携も積極的に進め、機体の運行や保守点検については、全国28カ所に認定教習所を展開する国内ドローン業界の老舗TEADと提携する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.