ニュース
» 2019年05月30日 11時16分 公開

製品動向:極東開発工業が7トンダンプをリニューアル、耐摩耗鋼板「HARDOX」仕様を追加

[谷川整,BUILT]

 極東開発工業は、製造・販売している7トンリヤダンプトラックを改良するとともに、耐摩耗鋼板「HARDOX(ハルドックス)」を採用した新仕様をラインアップに追加した。2019年5月7日に発売しており、年間250台の販売目標を掲げる。

 新たに加わったのはHARDOXを採用した耐摩耗鋼板仕様と標準仕様の2タイプ。HARDOXは、高い硬度と耐衝撃性を求められる車両や機械装置などで多数の導入実績がある。極東開発工業では、先行して4トンクラスのリヤダンプトラックにHARDOXを採用しており、「2018年度グッドデザイン賞」も受賞している。今回、7トンクラスに適用することで、自社の製品群を拡充することとなった。

全体の外観 出典:極東開発工業
HARDOXの製品証明の認定 出典:極東開発工業

 新発売の7トンリヤダンプトラックHARDOX仕様は、ボディーの重量を従来よりも約210キロ軽量化し、積載量/輸送効率を高めている。高い硬度と靭性を兼ね備えた耐摩耗鋼板の特性を生かし、ボディーの強度を保持しながら、板厚の薄肉化と補強部品の削減で車体を軽くすることに成功した。HARDOXは変形や亀裂の発生にも強く、アフターメンテナンスを容易にするなどの効果もある。また、標準仕様でも、約100キロの軽量化を達成しており、運搬の効率性と燃費を向上させている。

 2タイプ共通の改良では、ダンプアップ時のダンプヒンジの強度を増すことで、耐久性が向上し、トラック自体の長寿命化を実現。ボディー内は、デッキとサイドパネルを一体化しており、緩やかな丸底デッキ形状とすることで積み荷の出し入れや清掃が行いやすい。

ダンプヒンジ 出典:極東開発工業

 デザイン面では、サイドゲートとテールゲートから補強柱を取り除き(スチフナレス)、シンプルなものとしている。ボディー表面がフラットになったことで、看板や企業ロゴのステッカーがカンタンに貼り付けられるメリットも生まれた。

 希望小売価格は、耐摩耗鋼板仕様が151万円、標準仕様が110万円(ともに税別)。

各部の外観 出典:極東開発工業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.