メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023
特集
» 2023年11月16日 08時40分 公開

住重アテックスの毎秒176ミリで壁面点検するロボ、壁面から天井も体をひねって移動メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023(3/3 ページ)

[加藤泰朗BUILT]
前のページへ 1|2|3       

超音波を使った調査診断サービス

 フェーズドアレイ-UT(PA-UT)法では、フェーズドアレイ-UT(PA-UT)法の原理と特徴を2枚のパネルで解説。パネルによると、フェーズドアレイ-UT(PA-UT)法とは、複数の超音波振動子を持つアレイ深触子から、検査対象部位に適した超音波ビームを当て、得られた波形データから減肉部や傷などの欠陥部を画像化する技術。

フェーズドアレイ-UT(PA-UT)法の仕組みを説明する2枚のパネル フェーズドアレイ-UT(PA-UT)法の仕組みを説明する2枚のパネル

 その横に設けられた自動走行スキャナーによる連続肉厚測定のコーナーでは、フェーズドアレイ超音波技術と、二分割アレイ探触子、自動走行スキャナーを組み合わせたソリューションを披露した。

自動走行スキャナーのデモ 自動走行スキャナーのデモ

 「肉厚測定は通常、点測定。自動走行スキャナーのであれば、連続して肉厚測定できるため、腐食状態を広範囲に可視化できる」(ブース担当者)。スキャナーには強力な磁輪がついており、鋼製の対象物に吸着して走行し、測定するため、プラントの高所にある配管でも、足場の架設をすることなく全周点検できるという。

自動走行スキャナーによる連続肉厚測定の説明パネル 自動走行スキャナーによる連続肉厚測定の説明パネル

曲面上の移動も可能な高所作業用ロボット

 上記のソリューションとは別に、ブースの一角で多くの来訪者の注目を集めていたのが、「鉄鋼構造物用高所作業ロボット」だ。

白いボディーを持つ「鉄鋼構造物用高所作業ロボット」。サービス提供に向けて、改良が続けられている 白いボディーを持つ「鉄鋼構造物用高所作業ロボット」。サービス提供に向けて、改良が続けられている

 高所作業ロボットとは、2022年8月に住友重機械工業が開発を発表した磁気吸着式移動ロボット。球状車輪内の磁石の力を利用しながら、鉄鋼の壁面を毎秒176ミリで移動する。本体中央がねじれるように回転できる機構を持つことで、壁〜天井といったコーナー部の連続移動や柱やパイプといった曲面でも、難なく走行する。外観検査だけでなく、溶接作業や高所での切断作業など、ドローンでは困難な作業での利用を見込む。「現在も開発が続けられており、2024年度中のサービス提供を目指す」(ブース担当者)。

本体中央でねじりながら、鋼製柱の曲面を走行する鉄鋼構造物用高所作業ロボット 本体中央でねじりながら、鋼製柱の曲面を走行する鉄鋼構造物用高所作業ロボット
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.