ニュース
» 2023年07月31日 18時00分 公開

鹿島建設がAIとドローンによる資機材管理システムで作業時間を75%削減ドローン

鹿島建設は、AIとドローンを組み合わせた新しい資機材管理システムを、AI insideと共同開発した。

[BUILT]

 鹿島建設は、AIとドローンを組み合わせた新しい資機材管理システムを、AI insideと共同開発した。

 資機材管理システムは、ドローンが空撮した動画からAIが資機材を認識し、その位置を現場3Dモデル上に表示する。既に、国土交通省 北陸地方整備局が発注する新潟県長岡市の大河津分水路新第二床固改築I期工事の資機材管理に適用し、作業時間を約75%削減したという。

国交省発注の実現場適用で作業時間を約75%削減

現場3Dモデルでの資機材表示例(黄色文字はAIが検出した資機材名称と通し番号) 現場3Dモデルでの資機材表示例(黄色文字はAIが検出した資機材名称と通し番号) 出典:鹿島建設プレスリリース

 ドローンが撮影した空撮画像を使い、AIに現場内の資機材の名称と形を学習させる。AIモデルの構築には、AI insideが提供するデータや学習、運用を全て包含したAI統合基盤「AnyDate」を採用している。

 システムのフローとしては、ドローンで現場内を一定の高度から動画撮影し、その空撮動画とドローンの飛行記録をPCに取り込む。AIで学習した結果をもとに、撮影した空撮動画と飛行記録からAIが資機材名称と位置を推定する。その結果を現場3Dモデルに取り込み、資機材の位置を現場3Dモデル上に表示する。

 新システムにより、ドローンによる空撮動画からAIが資機材の名称と位置を検出し、現場3Dモデル上に見える化することが可能となった。現在、人と同程度の大きさの資機材であればおおむね検出でき、検出可能な資機材は25種類に上る。また、個別の管理を行いたい資機材については、プラカードを使用した識別によって法定点検日などを管理することも可能だという。

 現場3Dモデル上に資機材の位置を可視化することで、広大な敷地の現場でも資機材の管理を効率的に行える。さらに、使っていない資機材も判別できるため、そのような資機材があれば返却するなど、無駄もなくせる。

資機材管理システムの概要とフロー 資機材管理システムの概要とフロー 出典:鹿島建設プレスリリース

 効果検証の結果、従来の作業と比較して、資機材管理の作業時間を約75%削減、1回あたり約2時間から30分へ短縮できることを確認した。

 なお、資機材管理システムは、2022年度の国土交通省「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト(PRISM)」に採択されている。

 今後、鹿島建設は、システムの資機材の検出精度を向上させるとともに、手で持ち運べる小さい資機材の検出率向上に取り組んでいく。また、実現場の適用で構築したAIモデル(資機材学習モデル)は、他現場でも活用できるため、全社への展開も視野に入れている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.