ニュース
» 2023年07月14日 20時14分 公開

ゼンリンデータコムと三井E&Sが“ドローン飛行から撮影までを自動化”するPCアプリ開発 2023年度中に提供開始ドローン

ゼンリンデータコムと三井E&Sは「誰でも、手軽に、高品質で」を掲げ、ドローンを用いたインフラなどの設備点検や巡視を対象に、飛行から撮影まで自動で行うアプリ「ドローンスナップ」の開発に乗り出した。

[BUILT]

 ゼンリンデータコムと三井E&Sは2023年6月20日、インフラ設備の点検や巡視に対して、ドローンが飛行から撮影まで一貫して自動で行える「自動飛行ファイル」を生成するドローン自動飛行点検ルート生成アプリ「ドローンスナップ」の開発に着手したと発表した。

 両社は2020年度から、“港湾クレーンの構造物外観目視点検”を対象に、ドローンが自動飛行して、対象箇所を撮影する技術の構築に取り組んできた。今回、その技術を応用し、2023年度中の提供開始を目指して、汎用的なPCアプリを開発した。

点検対象物の3Dモデルで事前に撮影ポイントを設定し、ドローンにデータ入力

 これまで港湾クレーンなどの構造物目視点検作業は、作業員が目視検査で実施しており、クレーン停止期間の長期化やコスト、安全面、検査結果のばらつきなどの課題があった。

 こうした課題に対し、両社はドローンの活用に関する検討を開始した。従来は、点検や巡視にドローンを活用する場合、その多くが手動操縦のため、撮影画像の品質が操縦者の技量に依存することや点検時間の短縮が見込めないなどの問題点が認められていた。

 両社は、問題解決に向け、ドローンの飛行から撮影までを自動化する技術を確立し、アプリケーション化。対象物の3Dモデルを読み込み、CG上で点検の際に確認すべき箇所に対して、事前に撮影したい画像の画角やズーム倍率を設定する。事前設定した情報は、ドローンの自動飛行ファイルとしてアプリからファイル出力可能で、ドローンに読み込ませることで、CG上で設定した通りの自動飛行と自動撮影が可能となる。

「ドローンスナップ」のアプリ設定画面(開発中) 「ドローンスナップ」のアプリ設定画面(開発中) 出典:ゼンリンデータコムと三井E&Sプレスリリース
「ドローンスナップ」飛行前に設定した予定画像と撮影結果画像(実証実験時に撮影)予定 「ドローンスナップ」飛行前に設定した予定画像と撮影結果画像(実証実験時に撮影)予定 出典:ゼンリンデータコムと三井E&Sプレスリリース

 ドローンの飛行と撮影は全て自動で実行されるので、操縦者の能力に依存することなく常に同画角で安定した品質の画像を取得する。そのため、点検対象物を定点観測する場合にも有効な手段と成り、さまざまなインフラ設備などの目視点検や巡視への利用が想定されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.