ニュース
» 2023年07月20日 13時00分 公開

KDDIスマートドローンと飛島建設が“不感地帯”のドローン点検を実証 デジタルデバイドを「Starlink」で解消ドローン

KDDIスマートドローンと飛島建設は、無線電波が届かない山間部の建設現場で、自動給電が可能な米Skydioのドローン基地「Skydio Dock」と、衛星ブロードバンドインターネット「Starlink」を活用し、遠隔のドローン点検/巡回を検証した。

[BUILT]

 KDDIスマートドローンと飛島建設は2023年6月22日、「不感地帯(無線電波の届かない地域)」の建設現場やインフラ施設での点検業務の省人化に向け、遠隔での点検や巡視の業務を想定した実証実験を2023年5月12日に実施したと公表した。

 実証では、ドローンの離発着が可能なSkydio Dockと、衛星ブロードバンドインターネットStarlinkを活用した。

山間部の建設現場のデジタルデバイドを「Skydio Dock×Starlink」で解消

 KDDIスマートドローンと飛島建設は2022年から、人手不足の解決や生産性向上に向け、建設現場におけるドローンの活用に関する共同研究に取り組んでいる。

 山間部の建設現場では、光ファイバー敷設に大規模工事が必要なため、通信環境の整備が容易ではなく、ドローンの遠隔制御や映像のリアルタイム伝送が行えないといった課題がある。

 両社は課題の解決に向け、不感地帯における遠隔での施設の点検/巡視を想定し、KDDIが提供する「STARLINK BUSINESS」と、Skydioの「Skydio Dock and Remote Ops.」を用いて、Starlinkの衛星通信を活用したドローンの自律飛行や映像伝送を検証した。

 実証の結果、Starlinkの特長となっている高速かつ低遅延な通信で、巡視中に通信が途切れることなく、遠隔でのSkydioの自律飛行や映像伝送が可能なことを確認した。

 なお、STARLINK BUSINESSは、KDDIが企業や自治体向けに提供するStarlinkをそのままインターネットアクセス回線として利用するサービス。サービスなどの問い合わせに24時間365日対応し、配線などの設置支援から運用までトータルにサポートしている。

 Skydio Dock and Remote Ops.は、クラウド接続型ドローンポートと遠隔操作を可能とするRemote Ops.ソフトウェアを組み合わせた製品。

実証に用いたSkydio Dock(左)とStarlink(右) 実証に用いたSkydio Dock(左)とStarlink(右) 出典:KDDIスマートドローン、飛島建設プレスリリース

 実証にあたった飛島建設 技術研究所 研究員 勝部峻太郎氏は、「当社はドローンに着目し、建設現場やインフラ施設の遠隔自動監視やその情報を活用した3Dモデル化や測量について開発を進めている。だが、山間部の現場では通信環境の構築が困難などデジタルデバイド(情報格差)が課題となっていた。今回の実験により、Skydio Dock×Starlinkの有効性が確認したので、今後も建設現場の生産性向上に向けて、引き続き連携しながら検証を進めていきたい」と話す。

 実証の結果を踏まえ、両社は不感地帯にある建設現場やインフラ施設の点検/巡視の業務に、Starlinkとドローンの実装に向け、共同研究を進めていく。また、自然災害時でも、災害状況の把握や緊急物資の配送など、ドローンの利活用の幅を広げることも視野に入れている。

遠隔でのドローン点検/巡視 遠隔でのドローン点検/巡視 出典:KDDIスマートドローン、飛島建設プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.