ニュース
» 2022年08月03日 08時00分 公開

エレベーターとロボットとのクラウド連携のテスト運用実施クラウド連携

日本オーチス・エレベータとエイム・テクノロジーズは、大阪府大阪市の「ホテル京阪 ユニバーサル・タワー」にて、エレベーターとロボットとのクラウド連携のテスト運用を実施している。

[BUILT]

日本オーチス・エレベータは2022年7月7日、エイム・テクノロジーズと共同で、エレベーターとロボットとのクラウド連携のテスト運用を実施していると発表した。

ホテル内で走行するロボット ホテル内で走行するロボット 出典:日本オーチス・エレベータプレスリリース

 両社は、大阪府大阪市の「ホテル京阪 ユニバーサル・タワー」にて同運用を実施している。エレベーターとロボットとを連携させるAPI「Otis Integrated Dispatch」技術を用いており、ロボットが人の手を介さずにエレベーターを呼び、目的地を選択し、効率的に乗降して宿泊客に物品を届けるものとなっている。

ホテル京阪 ユニバーサル・タワー ホテル京阪 ユニバーサル・タワー 出典:日本オーチス・エレベータプレスリリース

 Otis Integrated Dispatch技術はクラウド接続やローカル接続を介するもので、配線で繋ぐ場合よりもフレキシブルに拡張性を向上できる。さまざまなプロバイダーのロボットや複数のエレベーターにも対応可能となっている。

 同技術のプロトコルは、「ロボット・エレベータ連携インタフェイス定義RRI」の規格に準拠した。同規格は、経済産業省の「ロボット革命・産業IoTイニシアティブ協議会(RRI)」において策定されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.