ニュース
» 2022年03月24日 08時00分 公開

フォーラムエイト、BIM/CIM対応3次元CADの最新バージョンBIM

フォーラムエイトは、BIMやCIMに対応した3次元CAD「Allplan2022」をリリースした。ツールチップを拡張したほか、ユーザーインタフェースが向上した。また、モデリングを効率化かつ詳細化している。

[BUILT]

 フォーラムエイトは2022年2月14日、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)に対応した3次元CAD「Allplan2022」をリリースしたと発表した。

3次元CAD「Allplan2022」イメージ 3次元CAD「Allplan2022」イメージ 出典:フォーラムのエイトのプレスリリース

 「Allplan」は、ドイツの同名企業が開発しているIFC対応のBIMおよびCIM統合ソリューションだ。3D表示や数量計算、レンダリングなどの機能を搭載。フォーラムエイトは、日本語にローカライズしたバージョンを販売している。

3次元CAD「Allplan2022」イメージ 3次元CAD「Allplan2022」イメージ 出典:フォーラムエイトのプレスリリース

 Allplan2022では、ツールチップを拡張したほか、ユーザーインタフェースが向上した。また、コンポーネント相互作用を改善し、モデリングを効率化かつ詳細化している。

切断面上の開口部 切断面上の開口部 出典:フォーラムエイトのプレスリリース
モデル上の点を中心とした回転、クリックしたポイントで座標が交差 モデル上の点を中心とした回転、クリックしたポイントで座標が交差 出典:フォーラムエイトのプレスリリース
図面ファイル内のさまざまなコンポーネントの交差 図面ファイル内のさまざまなコンポーネントの交差 出典:フォーラムエイトのプレスリリース

 その他、色分けによるエラー検出や補強機能の自動化、プレキャスト桁による橋の設計といった機能を新たに追加した。IFC4.3もサポートしている。

 なお、フォーラムエイトでは、Allplanを導入したことがない顧客向けに「モデル作成サービスキャンペーン」を実施する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.