ニュース
» 2022年01月31日 13時00分 公開

操作者の視界を遮らずに施工情報を表示するシステムを開発、東洋建設ICT

東洋建設は保有するシステムのモニター画面を操作室の視界を遮ることなく表示するシステム「スルーNavi」を開発した。今後は、新システムを陸上機械モニターにも順次搭載していくとともに、ガラスの透明ディスプレイ化やAR(Augmented Reality、拡張現実)表示、海中・水中対応の透明ディスプレイ開発など、多種多様な展開を図り、操作者の視認性を高めて、安全性と操作性の向上による施工の効率化を実現する。

[BUILT]

 東洋建設は、保有するシステムのモニター画面を操作室の視界を遮ることなく表示するシステム「スルーNavi」を開発したことを2021年12月22日に発表した。

点灯、点滅、スクロール表示などの設定で視認性を高めることも可能

 近年、港湾工事でのICT施工では、船舶の操船室やクレーンの操作室にレーダーやGNSS(Global Naviga tion Satellite System、全球測位衛星システム)、カメラ映像などのデータを活用するために複数のモニターが配置されており、各情報を見るために操作者はその都度視線をモニター画面に移さなければならない。

操船室(左)と操作室(右)のモニター 出典:東洋建設プレスリリース

 とくに、操船を補助する同社保有の海上衝突防止支援システムについては、操作者は視線を遮ることを踏まえて、システムと前方を注視しつつ安全に船舶を操縦する必要があった。

 そこで、東洋建設は、施工管理・支援システムから発信される誘導や指示などの信号データを、ビットマップ形式の画像データに変換し、リアルタイムに透明なディスプレイへ表示させるシステムのスルーNaviを開発した。

海上衝突防止支援システムの表示例 出典:東洋建設プレスリリース

 スルーNaviは、変換する画像データの表示内容を自由に作成できるため、さまざまなシステムに対応し、点灯、点滅、スクロール表示などの設定で視認性も高められる。

 東洋建設では、新システムを海上衝突防止支援システムに搭載して、実際に船舶で海域を航行したところ、透明ディスプレイへのタイムラグはなく、視認性の高い表示と透過性に問題がないことを確認した。さらに、操作者は、視界を遮られることなく、航行中のデータや海上衝突防止支援システムの情報を確かめつつ、安全に操作することが可能となった。

施工管理システムの表示例 出典:東洋建設プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.