ニュース
» 2021年11月09日 15時00分 公開

コンクリ工の予定を“チャットbot”で自動連絡、手配から出来高集計まで6割の時短を実現現場管理

西松建設は、L is B、日本ディクスとともに、ロボットが自動で対話するチャットbotを用いて、コンクリート打設の手配業務を省人化する情報共有システムを開発した。新システムの導入により、これまで電話やFAX、メールで行っていた工事予定日の連絡の自動化に加えて、協力会社ごとの請求処理に必要な出来高集計に要する作業時間も短縮できる。

[BUILT]

 西松建設とL is B、日本ディクスは共同で、チャットbotを活用したコンクリート打設情報共有システムを開発したと2021年10月末に公表した。

 コンクリート打設情報共有システムは、コンクリート工事の手配業務で、現場技術者が各協力会社との連絡や確認業務、集計業務を円滑にし、発注ミスを防止することを目的としたチャットbotベースのシステム。L is Bの建設業向けチャットツール「direct」上で、元請けが工事予定や労務の手配情報をデータベースへ登録し、協力会社などにチャットbotで最新情報を自動配信することにより、管理業務の省力化が実現する。

コンクリ打設工事の発注ミスを防ぐ、チャットbotを介した情報共有

 コンクリート工事では、関係する協力会社が多く、電話/FAX/メールでの打設予定内容の連絡や確認業務、毎月の生コン発注数量や各協力会社での出来高の集計は煩雑なものとなっている。加えて、作業工程の変更や天候により、当初予定していた打設日の変更が生じるので、その都度、日程を調整する必要があり、現場技術者と協力会社の双方で大きい負担となっている。そのため、現場技術者や協力会社の関係者全員は、変更した打設予定日や手配状況など、最新情報の共有漏れを起こさない仕組みを求めていた。

コンクリート工事の現状での問題点 出典:西松建設プレスリリース

 今回、3社が開発したコンクリート打設情報共有システムでは、まずdirect上にチャットルームを作成し、現場技術者がコンクリート手配表の内容を登録をすると、チャットbotを介して協力会社に連絡が届く。協力会社は予定を確認し、作業の可否、打設当日の予定人員などをチャットで返答すれば、関係者間で工事内容の連絡や確認が可能となる。仮に打設予定に変更が生じても、現場技術者が同様に手配表を修正するだけで、協力会社のチャットへ自動で伝達される。

コンクリート打設情報共有システムの概要 出典:西松建設プレスリリース
現場と協力会社のトークルーム作成 出典:西松建設プレスリリース
チャットbotからの自動配信、協力会社による回答入力 出典:西松建設プレスリリース

 コンクリート打設後には、現場技術者がコンクリートの打設数量(搬入数量)や左官工の施工面積、作業人工数などの実績を入力すれば、データベースに登録されるため、現場作業所内の関係者間で最新の実績情報を常に共有し、後で協力会社ごとの月末の請求処理に必要な出来高集計にも役立てられる。

 システム導入により、発注ミスを防止できるだけでなく、連絡や確認、集計業務を合計した総労働時間は、現場規模により差はあるものの、3〜6割の短縮が期待されている。

 西松建設では2021年度は複数の現場で検証し、使い勝手などの課題抽出を行う。次年度はその結果を踏まえてシステムをブラッシュアップし、多くの現場に展開する。将来は、現場ごとのコンクリート打設予定内容、打設実施の数量、作業員の歩掛りなどの情報を蓄積していくことで、積算業務や工程計画に活用することを計画している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.