ニュース
» 2021年11月05日 07時00分 公開

高速道路の点検で生じるリスクを体験できる新たなVR、アクティオVR

アクティオは、高速道路の点検で生じるリスクを体験できるVR「Safety Training System VR of AKTIO」を開発した。

[BUILT]

 アクティオは、西日本高速道路エンジニアリング九州とともに、建設現場における人命を守るための安全教育システムとして、高速道路の点検に関するVR「Safety Training System VR of AKTIO」を開発し、2021年9月15日にレンタルを開始した。

4種類の事故シナリオで構成

 建設業では、労働災害による死亡者のゼロを目指した取り組みが求められている。こういった状況を踏まえて、アクティオは、Safety Training System VR of AKTIOを開発した。

「Safety Training System VR of AKTIO」 出典:アクティオプレスリリース

 Safety Training System VR of AKTIOは、VRヘッドマウントディスプレイ「STarVR ONE」やベースステーション「Steam VR」、HTC製のコントローラー、歩行型VRデバイス「Virtuix Omni」、Leap Motion製のモーションコントローラー、ノートPCで構成され、各機材はセットでのレンタルとなる。

 今回のVRシステムは、高画質5K解像度の映像で安全にさまざまな事故のシナリオを体感できる。事故体験のシナリオは、「橋梁(きょうりょう)点検車から床版下面への墜落編」「高所作業車とトンネル上部への挟まれ編」「法面(のりめん)点検時の落下物編」「高架下に配置された高所作業車での転倒編」といった4種類。

 橋梁点検車から床版下面への墜落編では、大型橋梁点検車による床版下面点検時の墜落を体験可能。高所作業車とトンネル上部への挟まれ編では、高所作業者によるトンネル点検時の危険性を体感する。

「Safety Training System VR of AKTIO」の「橋梁点検車から床版下面への墜落編」 出典:アクティオプレスリリース
「Safety Training System VR of AKTIO」の「高所作業車とトンネル上部への挟まれ編」 出典:アクティオプレスリリース

 法面点検時の落下物編では、法面の小段から機材が落下するリスクを学べる。高架下に配置された高所作業車での転倒編では、高所作業所による高架下の床版下面点検時におけるリスクを学習する。

「Safety Training System VR of AKTIO」の「法面点検時の落下物編」 出典:アクティオプレスリリース
「Safety Training System VR of AKTIO」の「高架下に配置された高所作業車での転倒編」 出典:アクティオプレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.