調査リポート
» 2021年09月15日 15時00分 公開

建設業の年間平均就業時間は3年連続で減少、労働時間の実態を分析産業動向(2/2 ページ)

[BUILT]
前のページへ 1|2       

建設技術者数の有効求人倍率は、3カ月連続で増加

 ハローワークにおける建築・土木・測量技術者(常用・除くパート)の有効求人倍率は、前年同月を0.38ポイント上回る6.15倍になり、3カ月連続で上昇した。

 労働需給の先行指標となる新規求人倍率は、前年同月を1.64ポイント上回って、9.80倍になり、7カ月連続で前年同月を上回った。建設技術者の需給状況はさらに厳しくなると考えられる。

 有効求人数は、前年同月比107.1%となり、7カ月連続で増加した。新規求人数も同106.3%と7カ月連続で増加しており、建設技術者の需要は増加傾向が鮮明となっている。

 充足率※1は前年同月より0.31ポイント低下の3.35%となり、ハローワークで建設技術者を採用することは困難な状況が続いている。

※1充足率=(就職件数/新規求人数)×100(%)

建築・土木・測量技術者を対象にした雇用関連指標の推移(常用・除くパート) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」より建設HR 編集部が作成
建築・土木・測量技術者を対象にした雇用関連指標の前年同月比(常用・除くパート) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」より建設HR 編集部が作成

 建設技能工の雇用動向についてみると、ハローワークにおける建設・採掘の職業(常用・除くパート)の有効求人倍率は、前年同月を0.05ポイント上回る5.42倍となり、3カ月連続で上昇した。

 労働需給の先行指標となる新規求人倍率は、前年同月を0.02ポイント下回る7.55倍とわずかながら低下に転じた。

 有効求人数は前年同月比106.4%となり、11カ月連続で前年同月を上回った。新規求人数も同104.7%と11カ月連続で前年同月を超え、企業の求人意欲は上昇傾向が続いている。

 充足率は前年同月より1.18ポイント低下の5.85%となり、ハローワークで建設技能工を採用することは困難な状況が続いている。

建設・採掘を対象にした雇用関連指標の推移(常用・除くパート) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」より建設HR 編集部が作成
建設・採掘を対象にした雇用関連指標の前年同月比(常用・除くパート) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」より建設HR 編集部が作成
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.