ニュース
» 2021年07月16日 13時00分 公開

キャタピラージャパンが新型油圧ショベルを開発、従来機比で燃料消費量を最大10%削減製品動向

キャタピラージャパンは、従来機「349」と比べて、燃料消費量を最大10%削減し、メンテナンスコストを最大35%減らした油圧ショベル「Cat 345 GC」を開発した。

[BUILT]

 キャタピラージャパンは、オフロード法(特定特殊自動車排出ガス規制法)の2014年基準に適合した油圧ショベル「Cat 345 GC」を2021年4月16日に発売した。

旧モデル「349F」と比較し燃料消費量を最大35%削減

 Cat 345 GCは、大型油圧ショベルが稼働する現場の中でも積み込み作業や油圧ブレーカーを用いた業務を行える建機で、エンジン回転数と油圧ポンプの最適な組み合わせにより、旧モデル「349F」と比較し燃料消費量を最大35%減らしている。さらに、従来機「349」と比べて燃料消費量を最大10%削減。

油圧ショベル「Cat 345 GC」 出典:キャタピラージャパン

 運転のモードはパワーモードとスマートモードの2種類を備えている。パワーモードは常時最大の油圧馬力を発揮し掘削や積み込み作業などに適しており、スマートモードは作業負荷を判断するため、軽い負荷の業務を最適な燃料効率で実現し、コストカットを後押しする。

 また、ICTの「プロダクトリンク」や「VisionLink(ビジョンリンク)」を搭載している。プロダクトリンクとVisionLinkは、車両の位置や状態をリアルタイムに把握し適切な機械管理をサポートするもので、燃料消費量やアイドリング時間の分析により費用の低減を支援する。

 加えて、ブレーカーや車体へのダメージが著しい長時間打撃を自動で制御する「オートハンマーストップ機能」を実装している。オートハンマーストップ機能は、オン/オフをキャブ内のモニターで入力でき、オンにし車体がブレーカーなどの作業で過度な衝撃を受けた場合、15秒でモニター上部に警告メッセージが表示され、30秒経過すると自動で停止する。

 メンテナンス性に関しては、点検の延長や容易化により、メンテナンスコストを従来機の349と比較して最大35%低減している(1万2000時間稼働時)。燃料フィルターの交換間隔は、従来の500時間から1000時間に改良しており、作業油リターンフィルターは2000時間から3000時間に改善し、メンテナンスにかかるコストと手間を軽減。

 安全性について、車両後方と右側方をサポートするカメラを標準装備し、油圧ショベル周辺の人や物をキャブ内のモニターで見渡せる他、標準搭載した「標転倒時運転者保護構造(Rollover Protective Structure、ROPS)」はISOの規格に適合している。Cat 345 GC油圧ショベルの価格は4824万7000円(販売標準仕様、工場裸渡し、税抜き)。

Cat345 GC の主な仕様値 出典:キャタピラージャパン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.