ニュース
» 2021年06月10日 13時00分 公開

日立建機グループ初の土工用振動ローラ、経験の浅いオペレーターでも使いやすい仕様製品動向

日立建機グループの日立建機カミーノは土工用振動ローラ「ZC120S-6」を開発した。土工用振動ローラの開発は日立建機グループでは初となる。ZC120S-6は、日本国内で2021年4月にレンタルを開始され、2022年度の販売を予定している。

[BUILT]

 日立建機の連結子会社である日立建機カミーノは、「特定特殊自動車排出ガスの規制などに関する法律(オフロード法)」の2014年基準に適合した土工用振動ローラ「ZC120S-6」を開発したことを2021年3月16日に公表した。

駐車ブレーキの解除し忘れなどをモニターに表示

 ZC120S-6は、道路や舗装の土台となる路床の締固め以外にも、ダムや空港、港湾、宅地造成といった大規模なインフラの整備や防災・減災に向けた国土強靭化の取り組みでの活用も期待される。

土工用振動ローラ「ZC120S-6」 出典:日立建機

 ZC120S-6のキャブは、運転席の窓を大きくし、後方をチェックするモニターを設けることで、オペレーターが機械周辺を幅広く見渡せるように工夫しており、安全性の向上につなげている。

運転席内のモニター(左)と前進時のモニター画面イメージ(右) 出典:日立建機
駐車ブレーキの解除をし忘れた際の操作手順(左)と排出ガス後処理装置の再生手順(右) 出典:日立建機

 モニターでは、駐車ブレーキの解除し忘れや排出ガス後処理装置の再生手順など、さまざまな情報を表示するため、経験の浅いオペレーターでも正しく機体を扱える。また、エンジンオイルや作動油を対象に、次回のメンテナンスまでの時間をモニターで確認でき、より適正なタイミングでの点検を後押しする。

 さらに、エンジンオイルレベルゲージやエアクリーナなどを車体の低い位置にレイアウトすることで、地上から日常的に点検を行えるようになっている。

ZC120S-6の仕様 出典:日立建機

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.