ニュース
» 2021年06月07日 08時00分 公開

BIM/CIM双方向連動自動巡回ロボットシステム「i-Con Walker」を開発BIM/CIM

イクシスは、BIM/CIM上で自動巡回ロボットの行動計画を設計し、かつ自動巡回ロボットが現場環境から取得した情報をBIM/CIMに反映する「BIM/CIM双方向連動自動巡回ロボットシステム」を開発した。

[BUILT]

 イクシスは、「BIM/CIM双方向連動自動巡回ロボットシステム(i-Con Walker)」を開発した。同技術では、インフラ関連業界、特に建設業界におけるBIM/CIMを活用した生産性向上の一環として、BIM/CIM上で自動巡回ロボットの行動計画を設計。さらに自動巡回ロボットが現場環境から取得した情報をBIM/CIMに反映する。

 i-Con Walkerにより、建設の各フェーズの現場の出来高、出来形、点検結果をリアルタイムにBIM/CIM上に反映し各種情報を属性情報に登録および更新することが可能だ。さらに更新されたBIM/CIM上で自動巡回ロボットの行動計画を設計でき、日々変化する現場環境下においても安定した出来高・維持管理が行える。

システム構成図と作業フロー システム構成図と作業フロー 出典:イクシス

 昨今、国土交通省が「ICTの全面的な活用(ICT土工)」などの施策を建設現場に導入することにより、建設生産システム全体の生産性向上を図るi-Constructionを推進しており、測量、設計、施工、検査、維持管理、廃棄更新の建設6フェーズを3次元モデルに連携・発展させ事業全体での情報共有を図るBIM/CIMが活用されてきている。

 i-Con Walkerは、最新の現況に更新されたBIM/CIMデータ上で自動巡回ロボットが動作する行動計画を、部材に紐(ひも)づけた中継点を連続的に指定することで設計し、ロボットは中継点間をSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)技術などを用いて障害物回避をしながら移動し、中継点で指定された写真撮影、物資移送、施工、3D出来形計測などのタスクを実施する。この結果を部材の属性データIFC(Industry Foundation Classes)に反映する。

3次元点群データの取得と設計モデルへの反映 3次元点群データの取得と設計モデルへの反映 出典:イクシス

 これを繰り返すことで一連のタスクを遂行するとともに、BIM/CIMデータを最新情報としてリアルタイムに更新し、遠隔地のBIM/CIMのCADソフト上で、それらの状況をリアルタイムに観察できる。

自動巡回中の画面イメージ 自動巡回中の画面イメージ 出典:イクシス

 i-Con Walkerにより設計段階で作成したBIM/CIMデータを、日々の更新情報から最終的に出来形BIM/CIMを作成でき、業務の高度化、生産性の向上に寄与する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.