ニュース
» 2020年12月18日 09時00分 公開

製品動向:病棟間におけるナースコールシステムの連携を実現するソフト、大成建設

大成建設は、複数の病棟に設置された各ナースコールシステムを連携するソフト「T-Flex Nursecall」を開発した。今後、大成建設はベッド稼働率の向上に役立つ「ナースコールシステム連携ソフト」として、新築病院や既存病院のリニューアル工事に適用し、普及を図っていく。

[BUILT]

 大成建設は、アイホンと共同で、病棟間におけるナースコールシステムの連携を実現するソフト「T-Flex Nursecall」を開発したことを2020年8月21日に発表した。

配線の引き直し工事やデータ修正作業が不要

 現状、各病室のベッドに備え付けられているナースコールシステムは、病棟のスタッフステーション単位でサーバが独立しており、別病棟のスタッフステーションに設置されているナースコールシステムとは連携が困難だった。別病棟に空きベッドが存在してもナースコールが連携していないという理由でベッドが使用できず、ベッドの平均稼働率が80%程度に滞り、入院待ち患者が発生する原因の1つになっていた。

 また、病棟間のナースコールシステムを連携させるためには、一度既存のナースコールシステムが搭載した機能を停止させ、大規模な配線引き直し工事やデータ修正作業が必要で、病棟が稼働している状況での作業は困難だった。

T-Flex Nursecallを用いた新システム(左)と従来システム(右)の比較

 そこで大成建設はT-Flex Nursecallを開発した。これまで各病棟に設置されていたナースコールシステムのサーバにT-Flex Nursecallを導入することで、各病棟の空きベッド状況といった情報を集約し、他病棟のナースコールシステムに情報伝送する専用サーバとしての連携機能が備わる。同機能により病棟間のナースコールシステムをリアルタイムに連携することが可能となり、空きベッドの柔軟な運用を実現する。

 また、従来のシステムでは、配線の引き直し工事やデータ修正作業を行わないと病棟間の連携は困難だったが、既存のナースコールシステムにT-Flex Nursecallを導入することで、機能を停止させずに病棟間の連携がリアルタイムに可能で、配線の引き直しなどの工事費用と時間も削減する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.