ニュース
» 2020年10月28日 08時00分 公開

BIM:オートデスクと清水建設、都市デジタルツインの基盤整備

オートデスクは清水建設とともに、都市デジタルツインの実装に向け、基盤・データプラットフォームを整備する協業プロジェクトを、豊洲6丁目プロジェクトの周辺エリアを対象とする都市デジタルツインの構築から開始した。

[BUILT]

 オートデスクは清水建設とともに、スマートシティのキーとなる都市デジタルツインの実装に向け、その基盤・データプラットフォームを整備する協業プロジェクトを開始した。

 都市デジタルツインとは、フィジカル空間とサイバー空間の双方に建物と街を構築し同期させることを指す。フィジカル空間で取得したリアルタイムデータをサイバー空間で分析・シミュレーションした結果を生かし、都市開発やより生活の質の高い街づくりが可能になるとされている。

都市デジタルツイン 都市デジタルツイン 出典:オートデスク,c

 協業プロジェクトは、清水建設が開発する豊洲6丁目プロジェクトの周辺エリアを対象とする都市デジタルツインの構築から開始する。BIM活用や建物・都市のスマート化に取り組む建設会社の知見と建設ICT企業の先進技術を融合し、国内で初めてオートデスクのクラウドサービスを活用した都市デジタルツインのデータプラットフォームを整備する。同社はこのプラットフォーム上に建物・インフラの BIM・CIM モデル、広域地形モデル、シミュレーションデータを統合した仮想空間を構築し、人流・物流・交通・防災機能の最適化を図る課題解決型のスマートシティ事業を推進する。

都市デジタルツインプラットフォーム 都市デジタルツインプラットフォーム 出典:オートデスク,c

 同社は今後、プラットフォームテクノロジーや IoT を幅広い分野の企業やビジネスモデルと組み合わせ、事業拡大のための新たな手法の創造、新しいビジネスデザインを支援する。

 また清水建設も、データプラットフォームとその開発環境をスタートアップ企業などに提供し、豊洲エリアのスマートシティ化のノウハウを全国の都市開発提案に展開していく予定だ。さらに、企画設計段階から竣工後の運営管理まで、都市デジタルツインのプラットフォームを活用し、デジタルゼネコンのトップランナーを目指す。

豊洲六丁目 4-2-3 街区プロジェクトの計画概要 豊洲六丁目 4-2-3 街区プロジェクトの計画概要 出典:オートデスク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.