ニュース
» 2020年10月21日 08時00分 公開

テレワーク化へ、建設現場用「アバターシステム」共同開発を開始建築×ロボット

川田工業、芝浦工業大学工学部電気工学科宇宙ロボットシステム研究室安孫子聡子教授、川田テクノロジーズの三者は、建設現場の品質・出来形管理業務などの効率化、テレワーク化に向けたアバターシステムの共同開発を開始した。

[BUILT]

 川田工業、芝浦工業大学工学部電気工学科宇宙ロボットシステム研究室安孫子聡子教授、川田テクノロジーズは、建設現場の作業効率化とテレワーク化を目的とするアバターシステムの共同開発を開始した。

 川田テクノロジーズがシステムの基本設計、芝浦工業大学安孫子教授がロボット用遠隔操作装置開発、川田工業が橋梁工事向けアプリケーション開発と現場実証試験を担う。

 アバターシステムは、カワダロボティクス製造販売の「NEXTAGE」を改良した移動型作業ロボット、遠隔操作端末、ロボットが扱う計測器などを高速通信で連結したシステム。具体的には、現場のアバターが取得した橋梁の品質・出来形測定データをクラウドサーバに送り自動帳票化、関係者間のインタラクティブな情報共有により測定業務のデジタル化やリモート化を図る。現場職員に代わり、店社職員や在宅勤務者による複数現場の品質・出来形管理、発注者の遠隔立会などが可能となるため、工事の生産性と品質保証能力の向上が期待される。

アバターおよびアバター・パイロットのイメージ図 アバターおよびアバター・パイロットのイメージ図 出典:川田工業,c
アバターシステムのイメージ図 アバターシステムのイメージ図 出典:川田工業,c

 橋梁建設現場では、多岐にわたる「品質・出来形管理」業務、工事の進ちょく管理などに加え、測定データの収集、分析、整理、帳票作成などが職員の手で行われ、多くの時間を必要としている。

 川田工業では自律型ロボットでは困難な作業を「人と協業するアバター」開発で解消し、主力事業分野の課題解決を推進していく。さらに「デジタル世界の働き手=アバター・パイロット」として一線を退しりぞいたベテラン技術者、育児休業中の社員、クラウドワーカーなどの従事を可能とし、少子高齢化・労働力不足などの課題解決も進めていく。川田グループは、共同開発で培ったICT、RT技術の活用により、建設業界でのテレワーク化を推進している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.