ニュース
» 2020年08月03日 08時00分 公開

スマートビル:新型コロナ対策のオフィスIoTツール「Beacapp コロナ対策マップ」

三井デザインテックは位置情報ソリューションを持つビーキャップと協力し、新型コロナウイルス感染症対策のオフィスIoTツール「Beacapp コロナ対策マップ」を開発。各種センサーとスマートフォンを活用し、オフィス内の密状態や罹患者が出た場合の行動記録の把握を可能とした。

[BUILT]

 三井デザインテックは2020年7月16日、新型コロナウイルス感染症対策のオフィス向けIoTツール「Beacapp コロナ対策マップ」を提供開始した。同製品は、ビーコンやセンサーを活用した可視化技術を利用したサービスを提供するビーキャップと協業して開発した。

 新型コロナウイルスの感染リスクがある中、オフィスでは三密防止策が急務となっている。三井デザインテックは、本ツールの活用により企業における従業員の安心安全と、事業継続による経済回復への一助を目指す。既に三井不動産新オフィスに導入し、三密回避に加え、オフィスの利用状況や社員同士の遭遇状態を把握し継続的なオフィス利用改善のために活用している。

三井不動産オフィス内デジタルサイネージでの使用状況 三井不動産オフィス内デジタルサイネージでの使用状況 出典:三井デザインテック

 Beacapp コロナ対策マップは主に3つの機能を搭載。各種センサーとスマートフォンを活用してオフィス内の密状態や罹患者が出た場合の行動記録を把握する。

 ビーコンやさまざまなセンサーの情報をスマホで検知し、密の情報をリアルタイム表示することで、オフィスの現在の状態が密の状態かどうか従業員が把握できる。

オフィス内の密情報をリアルタイムで表示 オフィス内の密情報をリアルタイムで表示 出典:三井デザインテック

 オフィス管理者が密状態が回避できているか把握できる機能も備える。オフィス内の各エリアが定員に対して何%の稼働率になっているかデータにする。

 データはオフィスのエリアごとに出力され、時間帯ごとの密状態を分析、密エリアを抽出する。

分析データから作成可能なグラフ例 分析データから作成可能なグラフ例 出典:三井デザインテック

 従業員に感染が確認された場合、オフィス内での濃厚接触者を把握できる。過去のログから感染者の行動を15分ごとに集計し解析することで、「感染者と同じ場所に滞在していて、かつ飛沫感染が疑われる社員」と「感染者が使用したスぺースを後から使用していて、かつ接触感染が疑われる社員」を抽出できる。

15分ごとの滞在場所抽出データ 15分ごとの滞在場所抽出データ 出典:三井デザインテック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.