ニュース
» 2020年07月30日 09時00分 公開

大林組が塗り床材の剥離リスクを抑える新工法を開発、色むらや変色も抑制新工法(2/2 ページ)

[BUILT]
前のページへ 1|2       

耐摩耗性が高く長期間塗り替え不要

 耐衝撃性についても、従来の材料より優れているため、重量物の落下によるひび割れをきっかけに剥離が起こる可能性は低い。クラックが生じても剥離が進まず、被害を最小限化する。

アンカープロテクションは落球3回でひび割れ・剥離無し(左)と、一般的なエポキシ樹脂が落球3回でひび割れ・剥離が発生(右) 出典:大林組

 一般的なエポキシ樹脂と同程度の厚みながら、耐摩耗性が高く長期間塗り替える必要が無いためメンテナンス費用を抑えられる。耐摩耗性試験では、これまでのエポキシ樹脂系塗り床材と比べて、2倍の堅牢性を有すことが判明している。

 既に同工法は、大阪府枚方市にある大林組の西日本ロボティクスセンター整備棟の安全通路や大型物流施設の床で適用されている。

 大林組は、アンカープロテクションを積極的に提案し、物流施設や生産施設などの床仕上げを高品質化して、顧客のニーズに応えていく。なお、アンカープロテクションに使用するエポキシ樹脂系の塗り床材はアルファ工業が外販をしていく。

大林組西日本ロボティクスセンター整備棟の安全通路での適用事例 出典:大林組
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.