ニュース
» 2020年07月29日 08時00分 公開

BEMS:きんでん、AIを用いた空調最適制御サービスを月額料金制で提供

きんでんはMutronと協業し、AIを用いた空調の最適制御サービス「EMS−AI」を提供開始。AI最適制御、リアルタイムでエネルギーの利用状況や削減効果を可視化する機能、クラウドでのデータ管理、AIコントローラーの状態監視と機密保守機能など。

[BUILT]

 きんでんは2020年6月15日、AI(人工知能)を用いた空調の最適制御サービス「EMS−AI」を同年7月より提供開始すると発表した。同サービスは、東京大学発ベンチャーのMutronと協業して開発。Mutronは省エネ、蓄エネ、創エネの最適制御技術を持つ。本サービスは、毎月定額料金を支払うことで利用できる。

サービス側設備とローカル側設備の区分図 サービス側設備とローカル側設備の区分図 出典:きんでん

 EMS−AIは、顧客施設に設置したAIコントローラーで、温湿度やCO2センサーなどの計測データを収集し、クラウドサーバへアップロードして蓄積する。そのデータを基にAIが最適パラメータを導き出し、空調設備を最適制御する。制御対象は、業務用マルチエアコンの他、中央電熱方式の空調にも対応。室外機の容量制限制御や空調機のCO2濃度による制御、間欠運転制御などにより、消費エネルギーをこれまでの実績値より10〜20%削減が見込めるとしている。

 上記のAI最適制御の他、リアルタイムでエネルギーの利用状況や削減効果を可視化する機能や、クラウドでのデータ管理、AIコントローラーの状態監視と機密保守機能を提供する。

 本サービスは、2020年度においては現在営業中の顧客から順次導入を進め、3年後には100ユーザーの獲得を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.