ニュース
» 2020年05月07日 06時00分 公開

戸田建設が“新型コロナ”の院内感染を防ぐ「ゾーニング検討」を無償提供業界動向

戸田建設は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、逼迫(ひっぱく)する医療体制を支援すべく、病院での感染症対策の際に必要となる動線計画など「ゾーニング検討」の無償提供を開始した。

[BUILT]

 戸田建設は2020年4月20日、新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、医療機関での感染症対策を実現する「ゾーニング検討」の無償提供を開始したと明らかにした。

上限を設けず可能な限り無償提供

ゾーニング検討イメージ 出典:戸田建設

 厚生労働省は新型コロナウイルスの感染拡大によって、約8000病院の医療体制を毎日把握するシステムを構築し、病床や医療機器、医師、看護師の情報を一元的に管理して各自治体に提供するとしている。医療情報の一元化で、患者受け入れ対応の迅速化を図り、医療崩壊を招くのを防ぐとの趣旨で2020年4月中に試行し、同年5月からの本格稼働を予定している。

 戸田建設では、急速に広がりつつある新型コロナウイルス感染症対策に何か貢献できることがないかを考え、病院建築に数多く携わってきた経験から、病院向け「ゾーニング検討」を同年4月15日より無償で提供を始めた。

 ゾーニング検討は、新型コロナウイルス感染症の陽性患者を受け入れるときに、他の患者・医療従事者・物品などの動線や汚染範囲を想定して、区画の制限や洗浄・消毒エリアの決定、空調といった院内感染を確実に防ぐ施設利用プランを立案する。

 対象となる医療施設は、院内で専門的な検討が困難な病院で、当初は先着100病院を上限としていたが、可能な限り大型連休中も応じるとして、上限を撤廃している。

 なお、病院側はゾーニング検討にあたり、出入口階平面図、病室階平面図、病室階空調設備図などを用意する必要がある。

ゾーニング検討イメージ 出典:戸田建設

 ゾーニング検討の申し込み先:戸田建設 本社医療福祉部

 Email:motomi.kanbe@toda.co.jp

 受付時間:月曜日から金曜日の平日9:00〜17:00

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.