ニュース
» 2020年03月07日 11時00分 公開

産業動向:【随時更新】建設会社や行政が新型コロナウイルスへの対策を発表、テレワークや消毒液設置などを推奨 (1/5)

国内外で猛威をふるう新型コロナウイルスが建設業界にも影響を及ぼしている。現状での大手建設会社や自治体の関連部署が発表した新型コロナウイルスへの対応策をまとめた。

[遠藤和宏,BUILT]

 建設会社や自治体の一部、国土交通省では、建設工事に関する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への緊急対応策を発表している。

 ※国土交通省の2020年3月11日の発表を4Pに追記(2020年3月12日19時05分)。

 ※三菱地所の2020年3月26日の発表を5Pに追記(2020年3月27日12時35分)

外勤部門では、通常通りの勤務

 東急建設は2020年3月2日、内勤部門で勤務する社員は、原則として2020年3月15日まで在宅でテレワークで業務を行うように指示したことを公表。今回のテレワークにあたり、電話やメール、グループチャットソフトウェア「Microsoft Teams」などを利用し、通常勤務と同様の連絡とコミュニケ―ションがとれる社内体制を構築した。

新型コロナウイルス対策で内勤部門は原則テレワークに

 外勤部門(作業所)では、通常通りの勤務としているが、、感染拡大の抑止と社員ならびに関係者の健康に配慮し、状況に応じて柔軟に対処する考えを示している。通常勤務で、通勤する際は、、感染リスク低減のため、マスク着用やフレックスタイム制による時差出勤を推奨。不急の会議、研修、懇親会の自粛または延期の措置もとる。また、国内出張は自粛もしくはビデオ会議で代替し、海外渡航は自粛させる。

 なお、同社では、今後も政府の方針や行動計画に基づき、迅速に対応を決定していく方針を示している。

東急建設が通常勤務する社員に命じた対応

1.通勤を行う場合、感染リスク低減のため、マスク着用、フレックスタイム制による時差通勤の実施

2.不急の会議・研修・懇親会などの自粛または延期

3.国内出張の自粛もしくはビデオ会議での代替

4.海外渡航自粛

Pick Up記事:

マンション価値を維持する肝は?東急コミュニティーが教える「失敗しない大改修」

 東急コミュニティーは、建築総合展「住宅・ビル・施設 Week 2019」の講演で、失敗しないマンションの大規模改修工事をするにはどうすべきか、2つの発注方式のメリットとデメリットをレクチャーした。

 適切な維持管理と修繕を行うためのパートナー選びの大切さや責任施工方式と設計監理方式のメリットおよびデメリットなどが紹介され、来場者の関心を集めた。

社員1人が新型コロナウイルスに感染

 五洋建設は2020年3月4日、社員1人が新型コロナウイルスに感染していることを明かした。当該職員は、同年2月25日まで勤務しており、26日未明に発熱、26日医療機関受診後、自宅待機していた。

社員1人が新型コロナウイルスに感染し、自宅待機を指示

 同社は、本件を受けて所管保健所や産業医の指導のもと、関係者には当該職員と濃厚接触した者はいないが、感染拡大防止の観点から、発病前2週間以内に、感染者に接触した可能性のある取引先への連絡や感染者に接触した可能性のある社員に対する3月10日までの自宅待機、在宅勤務指示と健康状態に関する経過観察を指示した。当該建物内の消毒にも取り組んでいる。

 なお、既に同社は代表取締役社長の清水琢三氏を本部長とするリスク対策本部を設置しており、2020年2月26日から予防活動として、体温管理や手洗い、うがいの徹底、体温が37.5度以上の場合に職場入場禁止、職場に手洗い消毒液、体温計の常備、時差出勤、コアタイム無しのフレックスタイム勤務、在宅勤務を進めている。

 さらに、小学生以下の子供がいる社員には短時間勤務や在宅勤務、特別有給休暇を付与し、大勢が集まるイベントや講演会の開催と参加の見合わせも実行した。

五洋建設のリスク対策本部が実施した新型コロナウイルスの予防活動

1.体温管理、手洗い、うがいの徹底

2.体温が37.5度以上の場合の職場入場禁止

3.職場の手洗い消毒液、体温計の常備

4.時差出勤、コアタイム無しのフレックスタイム勤務、在宅勤務の実施

5.小学生以下の子供がいる場合の短時間勤務、在宅勤務、特別有給休暇の付与

6.大勢が集まるイベント、講演会の開催および参加の見合わせ

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.