ニュース
» 2020年04月02日 07時00分 公開

新工法:大規模仮設工が不要なアラミドFRPロッドを用いたRC造橋脚の新工法を初適用

大規模地震に備えて社会インフラの耐震補強対策が自治体などにより急速に推進されている。だが現状、河川内橋脚などの施工には、大規模な仮設工が必須なため、構造物の補強が遅れている。こういった状況を考慮し、三井住友建設は迅速に工事に取り組める新たな耐震補強工法を開発した。

[BUILT]

 三井住友建設は2020年3月6日、独自開発したアラミドFRPロッドを用いたRC造橋脚の耐震補強工法を初適用したと発表した。適用場所は、愛知県名古屋市で施工を進める開橋(ひらきはし)の河川橋脚。

橋脚の耐震補強工事が進む開橋 出典:三井住友建設

アラミドFRPロッドは高強度で耐食性があり非電導

 新工法は、橋脚天端からアラミドFRPロッドを挿入して補強を行うため、一般的に実施されるRC巻立て工法などを利用した補強工事に必要な仮桟橋や河川締め切りの仮設工が不要となる。通行車両に対する交通規制も敷かずに済むため、全体の工期が短縮する。

新工法の作業(左)と説明(右)の様子 出典:三井住友建設

 新工法の特徴は、橋脚軸方向にプレストレスを与えることで、効果的に曲げ耐力が向上し、施工面では橋の上部工に干渉することなく、橋脚上面からアプローチすることが容易で、煩わしい大規模な仮設備や水中作業が必要無くなる。仮設備の縮小により、締め切り工が求められる従来工法に比べて仮設工費や工期の削減を実現する。使用されるアラミドFRPロッドは、高強度で耐食性があり非電導であるため、鉄道橋においても安全な作業を後押しし、柔軟で付着性も高いため施工性が良好で、新工法の緊張材としても適している。

新工法の施行手順 出典:三井住友建設

 今後、三井住友建設では、竣工年が古く、比較的鉄筋量の少ない橋脚を中心に新工法を適用し、効果的な補強対策を推進するとともに、普及と改善に努めていく。

 開橋における河川橋脚工事の発注者は名古屋市 緑政土木局で、工事場所は名古屋市港区大江町・昭和町の大江川。第1工事は都計3・2・42大津町線開橋改築工事の下部工補強工で、工期は2018年8月27日〜2019年4月26日。内容は、2橋脚の下部工補強工でアラミドFRPロッド19本を使った。第2工事は、5橋脚の下部工補強工で、工期は2019年8月1日〜2020年3月27日。アラミドFRPロッドが61本導入された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.