ジャパンドローン2020 特集
ニュース
» 2020年02月26日 07時00分 公開

ドローン:センシンロボティクスとフジタが、ドローンによる測量と巡視の完全自動化を実現 (2/2)

[BUILT]
前のページへ 1|2       

完全自動で離着陸

 土木測量では、SENSYN DRONE HUBで測量業務の自動化を目指し、SENSYN DRONE HUBのスケジューリング、データリンク機能を使用し、フライトさせたドローンで任意のエリアを撮影させた後、クラウドに画像を含むデータを格納させるまでを完全自動化できるか精査した。

ドローンの自動飛行で撮影した映像 出典:センシンロボティクス

 結果、巡視では、撮影した映像が警備で役立つ画質を有すことなどが明らかになった。一方、土木測量では、決められた時刻になると基地からドローンが、自動的に離陸し、事前にシステム上で指定したルート通りの正確な飛行を実行した後、完全自動で精密な自動着陸をする事が判明した。

 また、ドローンで取得したデータは、機体から自動でアップロードされた上で、クラウドで一元管理され、撮影した映像をもとにオルソ画像を作成。これらにより、土木測量業務の無人運用に足る機能を備えていることが認められた。

取得したデータをオルソ画像化 出典:センシンロボティクス

 なお、実証実験は、オペレーターの目視可能範囲で施行したが、離陸から着陸までの全ミッションを作業員の介在無く遂行し、ドローンの無人運用に求められる機能を持ち合わせている事が明白になったという。

 センシンロボティクスは今後、SENSYN DRONE HUBを高精度な写真測量にも応じられるように、必要なアップデートに取り組み、工事進捗管理の完全自動化に向け、展開していく。将来的な完全自動運用に向けて、引き続き効果測定と実証実験も継続していく予定だ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.