ニュース
» 2020年01月14日 12時00分 公開

プロジェクト:総延べ床面積2万7000m2の住友不動産秋葉原ファーストビルが竣工 (2/3)

[BUILT]

災害時の滞留スペースを確保

 さらに、停電対策機器や地震時にエレベーターを自動仮復旧するシステム、制震・免振装置など、BCPを考慮した最新ソリューションも搭載している。

 停電対策では、複数の配電線網を完備している他、非常用発電機やその増設スペースを実装している。各機は、法定点検時にも専用部と共用部へ電源供給ができるため、エレベーターが各バンクで一部の運転を続けられる上、ICカード端末やトイレなどにも給電するので、事業継続がしやすい。

 エレベーターを自動仮復旧するシステムは、地震によりエレベーターが停止した時に、自動的に診断し、それぞれのEV機械室に置かれた感知器が取得した値が60ガル未満の揺れであれば、自動で回復させる。

災害の無停電対策の概要 出典:住友不動産

 中間階に取り付けられた免振装置は地震の揺れを吸収し、屋上に配置された制震装置は風による揺れを低減している。これらにより、上層階に直接地震の影響が及ばないようにすることで、安全性を高めるとともに、家具などが転倒するリスクを抑えている。

免振・制震装置の概要(上)とエレベーターの自動診断仮復旧システムの概要(下) 出典:住友不動産

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.