ニュース
» 2020年01月09日 06時00分 公開

山岳トンネル工事:セントルセット作業を2人で行える新システムを開発

前田建設工業は山岳トンネルにおける覆工コンクリート打設作業の自動化を進めている。

[BUILT]

 前田建設工業は2019年12月20日、岐阜工業とマックの協力で、山岳トンネルにおける覆工コンクリート打設型枠を自動で設置可能な「セントル自動セットシステム」を開発したことを発表した。

自動的にセントルセット位置まで移動

 新システムは、自動追尾トータルステーションによりセントル位置を測定し、設計位置と実測位置の差分値がセントル制御盤に無線自動転送されるとともに、セントル制御盤がその値に基づいて天端やサイドフォームなどを設計位置に自動的に移動する。

セントル自動セットシステム全景 出典:前田建設工業

 既設コンクリートとのラップ箇所は、前田建設工業開発の「覆工施工継ぎ目の浮き・剥落(はくらく)防止システム」を使用する。このシステムを用いて、型枠が既設コンクリートに接触して所定圧力以上になった時点で自動停止して、セントル全体のセットが完了する。

 また、従来は木材加工や木材設置など人力で行っていた妻型枠設置作業を、ワンタッチ操作で伸縮可能な鋼製型枠やエアバルクにより、自動的に妻型枠を設置。さらに、セントル本体は自動走行するため、人が操作することなくセントルセット位置まで移動する。

 新システムを現場に採用することで、従来は6人で実施していたセントルセット作業を2人に省人化し、業務時間も短縮される。下げ振りやスケールの人力目視により対応していた位置合わせ作業もICTの活用と併せて機械化することで、型枠の設置精度向上も見込む。

 既に、施工中の国土交通省 中部地方整備局 尾鷲第四トンネルに新システムが導入されており、今後は、現場適用する中で効果検証およびシステムの改善を進め、他のトンネルにも展開する予定だ。

尾鷲第四トンネルにおける現場稼働状況 出典:前田建設工業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.