ニュース
» 2019年11月07日 15時00分 公開

プロジェクト:竹芝地区再開発の名称が「東京ポートシティ竹芝」に決定

東急不動産と鹿島建設が、東京都港区で、展開する「竹芝地区開発計画」はA街区のオフィスタワーと、B街区のレジデンスタワーで構成されている。A街区にはオフィスビルや展示場、飲食店などが設置され、B街区には共同住宅や店舗、保育所などが整備される。2019年11月5日、両街区の総称が「東京ポートシティ竹芝」に決まった。

[BUILT]

 東急不動産と鹿島建設は2019年11月5日、東京都港区で、共同でプロジェクトを進める「(仮称)竹芝地区開発計画」の街区名称を「東京ポートシティ竹芝」に決定したことを発表した。

国際ビジネスの拠点になるという思いを込めたネーミング

 竹芝地区開発計画は、東京都の「都市再生ステップアップ・プロジェクト」の1つとして行われているもので、国家戦略特別区域計画の特定事業における整備方針に基づき、オフィスタワーとレジデンスタワーから成る総延べ床面積約20万平方メートルの複合再開発を進めているプロジェクト。

 新名称の東京ポートシティには、可能性にあふれた竹芝の街が新時代の国際ビジネスの拠点になることへの願いが込められているという。

 新たな文化を生み出してきた「Port(港)」が、デジタル×コンテンツを軸に、人、情報、ビジネスをつなぎ、職住近接による新たなスタイルを生む都市(City)になるという考えを「PORTCITY」として表現した。また、世界を代表する国際ビジネスの拠点となる意志を「TOKYO」に、地域の豊かな自然や文化と共に成長していくという気持ちを地区名称である「TAKESHIBA」にそれぞれ込めた。

東京ポートシティ竹芝のロゴ 出典:東急不動産

 ロゴには「TOKYO」の中核を担うランドマークとして発展するように、PORTCITYの頭文字である“P”と、オフィスタワー・レジデンスタワーからなる2つの建造物をモチーフに、多様な出会いや価値の集積から生まれる可能性を表した。

 併せて、東京都が2019年12月下旬から2020年1月上旬、実施予定の「Maasの社会実装モデル構築に向けた実証実験」に、参画することも公表。2019年10月には、竹芝エリアでの鉄道や船舶など、複数の公共交通機関を連携させた実証実験の実施事業者として東急不動産と鹿島建設が採択されている。

 新設するオフィスタワーの8階には、東京不動産が都内で展開する会員制シェアオフィス「Business Airport Takeshiba」が開業する他、タワー内にあるインフィールドが運営する2つの施設の名称が「ポートスタジオ」と「ポートホール」に決定した。

Business Airport Takeshibaのイメージ 出典:東急不動産

 Business Airport Takeshibaは、東京湾や広い空の眺望を積極的に取り込み、開放的でありながら連続性のある空間を演出するという。サービスオフィスには、用途に応じて柔軟な空間づくりが可能なパーティションタイプもラインアップする見込みだ。

ポートホール(左)とポートスタジオ(右)のイメージ 出典:東急不動産

 オフィスタワー8階のポートスタジオは、最大約250平方メートルのスペースで、撮影とハウススタジオのに最適な設備を備えており、企業の映像撮影をサポートする。

 シアター形式で最大500人を収容し、イベントホールとしては、国内最大級の400インチワイドスクリーン2面と4K対応プロジェクターを常設し、展示会、eスポーツ、セミナーなどさまざまなイベントの開催を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.