ニュース
» 2019年09月27日 10時15分 公開

関西初のSST、2022年に街びらき:パナソニックが吹田市に“再エネ100タウン”、ALSOKや竹中工務店ら14社と超高齢社会の課題解決 (2/3)

[石原忍,BUILT]

住むだけで健康になれる街の建築コード

 街づくりのパートナーには、パナソニック、パナソニック ホームズ、大阪ガス、学研ココファン、竹中工務店、阪急オアシス、関西電力、積水化学工業、綜合警備保障(ALSOK)、中銀インテグレーション、西日本電信電話、西日本旅客鉄道、JR西日本不動産開発、三井住友信託銀行、吹田市が参画。パートナー企業は、「エネルギー」「セキュリティ」「ウェルネス」「コミュニティー」「モビリティー」の5つの軸で、パナソニックとともに新たなサービスを創出していく。

Suita SSTの街づくりパートナー 提供:パナソニック
パートナーとの協業による5つのサービスと取り組み 提供:パナソニック

 エネルギーでは、関西電力と組み、エリア一括受電と卒FIT電気の活用、非化石証書の利用により、街区全体の消費電力を実質再生可能エネルギー100%で賄う日本初の「再エネ100タウン」を目標に掲げる。同時に、関西電力、大阪ガス、竹中工務店の3者も、住宅やEVの蓄電池や先進ガス機器も活用し、街全体でレジリエンス向上を図る。

Suita SSTのエネルギーの取り組み 提供:パナソニック

 セキュリティ分野では、ALSOKと共同で、4K見守りカメラなどの高度な画像認識技術やロボティクス技術を導入。これらの先端技術に加えて、警備員を配置した街の見守り拠点を設置し、安心・安全とホスピタリティの両立したタウンセキュリティモデルを構築する。

Suita SSTのセキュリティの取り組み 提供:パナソニック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.