ニュース
» 2019年09月11日 06時00分 公開

BIM:最新版「ARCHICAD 23」リリース、複雑な形状の柱と梁を自在にモデリング (2/2)

[石原忍,BUILT]
前のページへ 1|2       

IFCファイルの読み込み/出力が迅速に

 他にも、以前のバージョンと比べると、最新版はレスポンスが速くなっているのと同時に、シームレスなワークフローの実現にも焦点が当てられている。ファイルサイズは小さくなったことで、BIMプロジェクトをより早く展開することができ、IFCファイルのエクスポートとインポートが迅速に行える。

 新しいスタートアップ画面には、最近使用したプロジェクトが表示され、複数のプロジェクトをワンクリックで開ける。開く際の警告などに邪魔されることもなく、一瞬で作業を開始し、必要なときにはアクションセンターでプロジェクトの管理を一元化して行える。各モデルビューをナビゲートする際は、タブのプレビュー表示で、スピーディーに図面やBIMモデルなどの必要な画面を表示可能だ。

アクションセンター 提供:グラフィソフトジャパン
オフィスビルの各図面とBIMモデル 提供:グラフィソフトジャパン

 ARCHICAD 23の価格は、レギュラー版(スタンドアロン版/ネットワーク版)が84万円。共同作業をしない、単体で主に作業をする中小の設計事務所やアトリエ系事務所向けのチームワーク機能(BIMモデルへの複数アクセス)の無い「ARCHICAD Solo」が34万5000円。オプションでは、設備系BIM作成のアドオン「MEP Modeler for ARCHICAD 23」が一般8万9800円、VIP会員7万2000円(全て税別)で提供される。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.