ニュース
» 2019年09月10日 08時00分 公開

新工法:大成建設、溶接自動化工法の適用範囲を拡大でロボット溶接作業の効率化へ

大成建設は、溶接自動化工法「T-iROBO Welding(ティーアイロボ ウェルディング)」の適用範囲の拡大を発表した。柱鉄骨の形状に制約なく、品質を確保しながらロボット溶接作業の効率化を実現する。

[BUILT]

 大成建設は2019年8月1日、コラム柱(角形鋼管柱)における溶接自動化工法「T-iROBO Welding(ティーアイロボウェルディング)」の作業手順の見直しや、組立BOX柱(溶接組立の箱型断面柱)の溶接自動化工法の新規開発により適用範囲の拡大を発表した。これにより柱鉄骨の形状に制約なく、品質を確保しながらロボット溶接作業の効率化を実現する。

photo 改良したコラム柱溶接自動化工法の作業手順 出典:大成建設

 同社では、鉄骨柱ジョイント部の溶接を自動で行う工法「T-iROBO Welding」を2016年に開発し、コラム柱の溶接作業を対象に、現場に導入していた。その際、溶接区分ごとに鉄骨ジョイント部の溝形状をロボットに記憶させ、溶接動作を設定する「ティーチング」に多くの時間を要し、作業の効率化が図りにくいという課題があった。

photo コラム柱の溶接自動化工法の適用状況 出典:大成建設

 そこで「ティーチング」の作業手順を見直すことで、その回数や準備作業の手間を大幅に削減し、ロボット溶接作業の効率化を実現した。その結果、既開発の溶接自動化工法と比較してティーチングに要する時間が50%程度削減でき、溶接作業の効率が著しく向上したという。

photo 組立BOX柱溶接自動化工法の作業手順 出典:大成建設

 また、組立BOX柱の鋼材面の溶接時に、補助用の特殊形状冶具(セラミックタブ)を柱角部に設置した状態で、溶接区分ごとに最終仕上層まで溶接を行う工法を開発。その結果、溶接工に頼ることなく、柱角部の溶接盛り上がり不足を防ぎ、品質を確保できる溶接自動化を実現した。

photo 組立BOX柱の溶接自動化工法の適用状況 出典:大成建設

 今後は、あらゆる柱形状に対応可能となった鉄骨柱のロボット溶接自動化工法を、専門工事業者との情報共有・協業を図りながら、積極的に建設現場での普及展開を進めていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.