ニュース
» 2019年06月25日 06時00分 公開

墨出し・杭打ちBIM&クラウド連携セミナー:隈研吾が設計したスコットランドの美術館で、Revitが活用された理由とは? (2/2)

[遠藤和宏,BUILT]
前のページへ 1|2       

設計誤差3ミリ以下を条件とする建物でBIM活用

 オートデスクは、業界の課題を解消する製品として、クラウドベースの建設プロジェクト管理プラットフォーム「Autodesk BIM 360(以下、BIM 360)」を始めとする各ソフトウェアの利用を推進している。

BIM 360プラットフォーム

 技術営業本部建設ソリューションスペシャリストのアナビ英子氏から各BIMシステムの海外での活用事例が紹介された。イギリスの施工会社BAM Construct UKは、「Revit」「Navisworks」「Point Layout」「AutoCAD」を使用し、スコットランドの美術館V&A Dundeeを建設した。

技術営業本部建設ソリューションスペシャリストのアナビ英子氏

 アナビ氏は、V&A Dundeeについて「隈研吾建築都市設計事務所がデザインした建物で、スコットランドの湾岸線をイメージした外観となっている。BAM Construct UKは、設計誤差3ミリ以下で、複雑な形状の建築物を建設しなくてはいけなかった。従来の測量、施工方法では対応が困難だったという。だが、BIMのソフトウェアを使用することで完工した。BIM運用の利点については、Revitを用いて、3Dモデルを作成することで、クライアントとの意匠などの合意がスムーズに進んだという。事前に3Dモデルを確認できたため、施工時に手戻りの減少につながったとも聞いている。また、BIM 360を使うことで、コンサルタントなどのさまざまなステークホルダーと、現場に居ながら、BIMモデルの確認やリアルタイムに情報共有できたことも利点となった」と語った。

V&A Dundee外観

 

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.