ニュース
» 2019年03月14日 11時00分 公開

現場管理:双方向会話とリアルタイム録画で建築現場をつなぐウェアラブルカメラ「Safie Pocket」、タイムラプスのサービスも

クラウド録画カメラ「Safie(セーフィー)」を開発・提供しているセーフィーは、建築現場向けにトランシーバー感覚で録画撮影できるカメラ「Safie Pocket(セーフィーポケット)」の提供を2019年3月12日に開始した。

[石原忍,BUILT]

 セーフィーは、建築現場を対象としたトランシーバー感覚のクラウド録画カメラ「Safie Pocket(セーフィーポケット)」のサービスを2019年3月12日に提供開始した。

現場と遠隔地の管理者のコミュニケーションが手軽に

 セーフィーポケットは、リアルタイムで双方向通話も可能なウェアラブルカメラ。「話せる・見える・録画する」をコンセプトに、主に建築現場での利用を想定して開発された。

コンパクトなセーフィーポケット 出典:セーフィー

 建築現場の作業者が、セーフィーポケットとモバイルルーターを身に着けて撮影することで、遠隔地の本部などにいる管理監督者はクラウドを介して、PC上で双方向の会話や現場の映像確認が行える。セーフィーポケットで、現場と管理者の円滑なコミュニケーションが可能になり、映像による工程の進捗レポート、保存した映像や写真で実作業の振り返りなどの利用が見込まれ、管理工数の軽減が期待できる。

 主な搭載機能は、映像と音声でのリアルタイム会話をはじめ、ボタン1つでフルHDサイズの写真が撮れる「スナップショット」、撮影写真をサムネイルで管理する「一覧画面」など。スナップショットは管理者側が見ているビュワー上のタイムラインに、イベントとして記録される。クラウド上ではカメラ1台につき、約5000枚までの写真が保存される。

 通信は、ビデオ/ボイスチャットに一般的に利用されているWebRTC(Web Real-Time Communication)を採用し、タイムラグの少ない双方向通信となっている。現場からの呼び出しは、本体の撮影ボタン(呼び出しボタン)を押すことで、相手側のPCに通話要求が通知される仕組み。管理者側は、現場作業者のヘッドセットに通知が届く。

管理者側のPCで閲覧するブラウザベースのビュワー 出典:セーフィー

 カメラ本体サイズは幅44×高さ78×奥行き28.6mm(ミリ)、バッテリーにつなぐUSBケーブルの長さは800mm。重さは約105g(グラム)。本体には、通話と撮影ボタンのみのシンプル設計。撮影画角は水平126度、垂直65度、対角150度。解像度は、映像が1280x720dpi、写真が1920×1080dpi。マイクはモノラルで、スピーカーは付属しない。防塵(ぼうじん)/防水性能はIP65を取得。

利用イメージ 出典:セーフィー

 Safie Pocketのサービス開始に併せて、「オートタイムラプスオプション」という建築向けクラウド録画オプションプランもスタート。タイムラプスは、あらかじめスケジュール設定しておくと、インターバル撮影で動画を生成し、刻々と変わりゆく現場状況の長時間にわたる把握が可能になる。なお、既に販売中の各種固定カメラでも、同様にオプション展開をしていくという。

 セーフィー ポケットのサービスは月額レンタルで、カメラ本体、クラウド録画、モバイルルーター、ヘッドセット、モバイルバッテリー、充電器、USBケーブルの一式がパッケージで提供される。価格は初期費用1万5000円/台、月額料金は2万5000円。オートタイムラプスのオプションも月額制となる予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.