ニュース
» 2019年01月29日 06時00分 公開

再開発:施設間の競争勃発!?熱気を帯びる「天神ビッグバン」 (3/3)

[谷川整,BUILT]
前のページへ 1|2|3       

高級ホテルブランドの「ザ・リッツ・カールトン」を誘致

 そして2019年1月9日、三菱地所はファッションビル「イムズ」の建て替えを発表した。天神地区の賑わい創出している市役所ふれあい広場に面し、1989年の竣工以降長年にわたって親しまれ、街の表情を形作ってきたビルだ。開発計画・スケジュールは今後明らかにされるが、2022年度内の工事着手を目標にしている。新しい施設では、「情報・文化受発信などを担うこれまでの機能に加え、新たな価値を創造していく」(同社九州支店)としている。

 計画の場所は天神1-7-11の敷地面積約4600m2。現在のビルの正式名称は天神MMビル。施設名称の「INTER MEDIA STATION」の頭文字を取り“イムズ”と愛称されている。構造・規模は、SRC・S造(一部RC造)で、地下4階・地上14階建て、延べ床面積は4万4900m2。

現在の「イムズ」の建物 出典:三菱地所

 福岡市が2015年2月に打ち出した天神BB。天神交差点から半径約500m、約80haが対象範囲とされている。国家戦略特区の特例として、航空法による建物の高さ制限や容積率を緩和することなどをメニューとして、同地区内での民間ビルの建て替えを促している。

 同市は2024年までの10年間に30棟の建て替えを誘導し、新たな空間と雇用を創出するなど、建設投資効果で2900億円、年間の経済波及効果で8500億円を試算している。

 天神BBが呼び水となり動き出した事業は、いずれも天神、福岡、あるいはアジアの拠点を標ぼう。各事業主体が、いわば天神BBに貢献するべく、威信をかけて計画してきている様子が見て取れる。

 そして天神BBは、総体として同地区の都市としての機能・役割を向上させ、国際的なプレゼンスを高めていくことになる。その次のステップでは、どの施設が天神の新しい中核となるのか、「都市間競争」とならず、天神地区でこれまでにも度々起きた「施設間競争」が再燃することが見込まれる。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.