ニュース
» 2017年01月23日 06時00分 公開

現場管理:ヘルメットとシャツで作業員の安全管理、建設現場向けウェアラブル (2/2)

[陰山遼将,スマートジャパン]
前のページへ 1|2       

「着るだけ」でストレスや健康状態を把握

 展示したもう1つのサービスが、パナソニックと共同開発を進めている着衣型ウェアラブルサービスだ。ミツフジが開発している特殊な導電繊維を織り込んだシャツを、加速度、ジャイロセンサーなどを内蔵するトランスミッターを利用し、作業員の心電波形などの情報取得する。このデータをスマートフォンを通じて、クラウドサーバー上に集積する。

着衣型のウェアラブルシャツとトランスミッター(クリックで拡大)

 集めたデータから特殊なアルゴリズムを利用し、心拍数や呼吸数、体位、ストレスの度合などを算出する。こうした作業員の健康状態を見える化することで、安全管理などに活用できる。睡眠状態などを確認することも可能だ。

 電車やバスなどの運輸業から、居眠り運転対策として引き合いがある他、建設現場やプラントなどの作業員の健康管理に活用したいという声もあるという。現在実証を進めている段階で、2017年度中に販売を開始する予定だ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.