ニュース
» 2016年05月24日 13時00分 公開

貼るだけシートで日本のインフラを強靭に、3Mが土木事業を強化スマートシティ(3/3 ページ)

[陰山遼将,スマートジャパン]
前のページへ 1|2|3       

隙間があっても大丈夫

 養生シートの「水を搬送する」という性質を活用することで、「飛び石」状態のコンクリートの養生も行えるという。飛び石とは複数のコンクリート部分の間に隙間がある状態のこと。養生シートの端を給水タンクに浸し、隙間を覆うように複数のコンクリートの上に敷くことで、まとめて養生が行える(図6)。養生シートは高さ15センチメートルまで水を運ぶ能力があり、傾斜面のコンクリートにも利用できる。

図6 間に隙間がある複数のコンクリートに水を運搬するデモ。隙間があっても水が広がっていく(クリックで拡大)

東北の復興現場で採用

 2015年12月に発売した養生シートは、現在全国で30件以上の工事現場で採用が検討されているという。岩手県釜石市で復興計画の1つとして進められている「向定内橋(むかいさだないはし)」の工事現場に採用された実績があり、マットタイプの製品と比較して使用する水量を10分の1に削減できたとする(図7)。

図7 岩手県釜石市「向定内橋」の工事現場に採用された(クリックで拡大)出典:3M

 こうした3Mのコンクリート施行現場向けの製品は、高機能な一方で一般的な製品よりは多少価格が高くなる場合もある。同社では「初期コストの観点では高くなる場合もあるが、施工コストの削減や、コンクリート品質の向上への寄与といった全体的な観点で見てもらえるように提案を進めていく」としている。土木分野の他、建築分野も視野にいれて提案を進めていく方針だ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.