第7回 ジャパンビルド−建築の先端技術展−
特集
» 2023年04月26日 06時15分 公開

日本一の超高層ビル「麻布台ヒルズ」建設で、清水建設がチャレンジした建設DXの足跡を辿る第7回 ジャパンビルド−建築の先端技術展−(2/3 ページ)

[川本鉄馬BUILT]

工事現場のロジスティクスを担う楊重モニタリングシステム

 楊重モニタリングシステムは、解析ソフト「Tableau(タブロー)」を用い、タワークレーンと仮設エレベーターでそれぞれ6台の稼働状況を監視している。仮設エレベーターでは当初、何の資材を上げ下げをしているかを人力で登録していたが、システムでは重さや階数を自動で読み取る。取得したデータは、クラウド上に蓄積し、AIでいろいろな切り口による分析を行っている。

揚重モニタリングシステム。タワークレーンと仮設エレベーターの状況をモニタリング 揚重モニタリングシステム。タワークレーンと仮設エレベーターの状況をモニタリング
モニタリングでは「Tableau」を利用 モニタリングでは「Tableau」を利用

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.