ニュース
» 2023年01月06日 08時00分 公開

ライカジオシステムズ、建設機械向け最新GNSS受信機「Leica iCA202」建機自動化

ライカジオシステムズは、建設機械向け最新GNSS受信機Leica iCON aps200シリーズにLeica iCA202を新しくラインアップに加えた。

[BUILT]

ライカジオシステムズは、建設機械向け最新GNSS受信機Leica iCON aps200シリーズにLeica iCA202を新しくラインアップに加え、2022年11月29日から日本国内で販売開始した。

作業イメージ 作業イメージ 出典:ライカジオシステムズプレスリリース

 Leica iCA202は同社のマシンコントロール ソリューションと組み合わせることで、土木工事、道路工事、その他の建設用機械で、GNSS受信機の機能を基に構築されたマシンのオートメーション化を実現できる。

 Leica iCA202はWebベースのユーザーインタフェースで受信機の設定やソフトウェア更新などが実行できる。PCの他、タブレットやスマートフォンからも利用可能だ。また障害物がある場合などでプライマリアンテナが使用できない際、継続してGNSS信号の利用が可能だ。

 ワールドワイド補正サービス「SmartLink fill」も備え、RTK通信が中断し補正情報が停止した際も最大10分まで補完できる。

Leica iCON aps200製品イメージ Leica iCON aps200製品イメージ 出典:ライカジオシステムズプレスリリース
Leica iCON aps200製品イメージ Leica iCON aps200製品イメージ 出典:ライカジオシステムズプレスリリース

 建設機械向けデュアルGNSS受信機については、現行モデルのLeica iCON gps80シリーズが販売終了となり、今後はLeica iCON aps200シリーズを提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.