まとめ
» 2022年12月27日 12時00分 公開

連載「木の未来と可能性 ―素材・構法の発展と文化―」まとめ上編電子ブックレット(BUILT)

ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットは、一級建築士事務所 鍋野友哉アトリエ/TMYAを主宰する一級建築士の鍋野友哉氏が、近年環境に優しいなどの理由で関心を集める木材にスポットライトを当て、国内と世界における木造建築の歴史や最新の木造建築事例、木材を用いた構法などを紹介する連載のまとめ上編です。

[BUILT]

ウェブサイトに掲載した記事を「電子ブックレット」として編集し直しました。BUILT読者会員の皆さまであれば、無料でダウンロードして読むことができます。

連載「木の未来と可能性 ―素材・構法の発展と文化―」まとめ上編

アイコン クリックでダウンロードページへ

 日本政府が2020年10月に「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」を発表し、脱炭素社会の実現を目指すと宣言した影響により、国内では近年、CO2を貯蔵し、カーボンニュートラルに貢献する木造の住宅と施設が注目されています。

 加えて、昨今は、1時間耐火のエンジニアードウッド「耐火LVL」や竹中工務店が開発した耐火集成木材「燃エンウッド(3時間耐火)」、大林組が開発した耐火部材「オメガウッド(耐火)」など、さまざまな耐火部材が登場し、高層都市木造建築物を開発しやすくなっています。

 そこで、本ブックレットでは、一級建築士事務所 鍋野友哉アトリエ/TMYAを主宰する一級建築士の鍋野友哉氏が、製材の歴史、多様な木質構造建築物と世界の高層木質構造物に関する事例について、分かりやすく説明します。

 電子ブックレットは下記より、ログインまたは会員登録後に無料でダウンロードできます。

ダウンロードボタン

・ブックレットは無料でTechFactoryホワイトペーパーダウンロードセンターよりダウンロードできますが、読者登録が必要です。
・電子ブックレットは、PDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.