ニュース
» 2022年06月24日 08時00分 公開

ビットキー、東京建物/鹿島の六本木複合型ビルを丸ごとDXスマートビル

ビットキーは、東京建物と鹿島建設が共同で所有する六本木和幸ビルで、入退室管理、シェアオフィスの運営・管理支援、会員間のコミュニケーション促進などを目的にビットキー製品が採用されたことを発表した。

[BUILT]

 ビットキーは、東京建物と鹿島建設が共同で所有する六本木和幸ビルにオープンしたワークプレイス「Kant.」にて、ビルの入退室管理、シェアオフィスの運営・管理支援、会員間のコミュニケーション促進などを目的にビットキー製品が採用されたことを発表した。

 2022年春にリニューアルされた築51年の同ビルは、1階がカフェ・ミュージックバーラウンジ、2〜3階がワークラウンジ(有人運営)、4〜5階がシェアオフィス、7階がカスタムオフィスになっている。

六本木和幸ビル外観 六本木和幸ビル外観 出典:ビットキーのプレスリリース

 今回の取り組みは、シェアオフィス運営者と利用者の双方が働きやすいオフィスビルとするため、スマートロックを始めとするハードウェア製品と、シェアオフィス運営・管理を支援する業務システムや利用者向けスマートフォンアプリなどのソフトウェアの両面で一体的にビルDXを実現した点が特長だ。これにより、複数のWebシステムやスマートフォンアプリにログインしたり、情報をシステムごとに複数回入力したりするなどの手間をかけず各フロアを円滑に運営・利用することが可能だ。

workhubアプリで会議室のカギを解錠する様子 workhubアプリで会議室のカギを解錠する様子 出典:ビットキーのプレスリリース

 ビル内の会議室やフォンブース、契約会員向けの個室、エントランスなど、セキュリティが必要なドアには「スマートロックbitlock PRO」を設置。さらに会議室やフォンブースは全て、同社のデジタルプラットフォーム「workhub」のWebシステムやスマートフォンアプリから予約できる上、予約日時に連動してデジタルキーが発行される。これにより、会議室の予約から契約個室や予約した会議室のカギの解錠まで会員はスマートフォン1つで完結する。

会議室や契約個室のドアの外側にはカード 会議室や契約個室のドアの外側にはカード・テンキーリーダー、ドアの内側にはサムターンを回すスマートロックを設置 出典:ビットキーのプレスリリース

 その他、会議室やフォンブースの予約状況の見える化、専用カメラによるカフェ・ミュージックバーラウンジフロアの混雑状況の可視化、workhubによる予約受付および決済まで可能なシステムの提供もしている。

カフェ・ミュージックバーラウンジの混雑状況を可視化 カフェ・ミュージックバーラウンジの混雑状況を可視化 出典:ビットキーのプレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.